メール環境をOutlookExpressからGmailに移行する

SPONSORED LINK

メール環境をGmailに移行することにした。

今のメールはマンションのISPである。壁からルータにつなぎさえすればいいので楽ではあるが、ここを引っ越すとまた探さないといけない。そうなるとメール環境もまた変わるわけだが、面倒くさい。
Gmailという凄いWEBメールが現れたことで、この機にメールインフラを全てそちらへ統合しようと考えた。

ノートとエッジでどこからでもネットに接続できるため、WEBメールで全然問題ない。
また、remember the milkとGoogleカレンダーという2台タスク管理ツールを使うため、出来るだけGoogleというインフラに統合していく方がこれからは便利になると思う。

単にメールを移すだけでなく、各関係者やシステムに登録しているメールアドレスを全てGmailに周知・変更しないといけない。これは結構大変な作業であるが、今丁度出向期間が終了し時間が空いているので、こういうプライベートのインフラ整備にはもってこいだ。


SPONSORED LINK

Gmailのアカウント自体は現在招待制であるが、日本はいち早く解禁されたため、申請すれば使える。
筆者はGoogleのアカウントを持っているが、GoogleのアカウントとGmailのアカウントは同一ではないため、申請しないといけない。
Gmailアカウントを申請する際、Googleアカウントのパスワードと同じにしないと通らなかった。まあ、アカウント作成後にGmail上からパスワードも変更できるので問題ない。 家のメールはOutlookExpressを使っている。
また、他のWEBメールではYahooなども使っており、それらも全て移行しなければならない。

なぜYahooメールに統一しないかというと、WEBインフラとしての魅力がGoogleに比べて弱いこと、つまりオリジナリティとしてのオーソライズな独創性とか訴求力の弱さだろうか。
惹かれるものが少ないのだ。

WEBメールだけでいっても、とにかくスパムメールが多くて、いくら削除しても追いつかず、相当数フィルタに登録してもまだ1分に1通とかの割合でくることもあるくらいなので、とてもじゃないがメインのメールインフラには使えない。
Gmailもそのあたりは未知数だが、まあ余程使えなければまた移行を考えればよい。

Yahooメールは広告もやたらでかく、動くものが使われているので重い。
Gmailはまだ、そこまで誇大なやり方は使っておらず、テキスト中心で控えめなのは好感が持てる。
Yahooはさすがにやり過ぎ。くどい。

OutlookExpressからGmailへの移行はThunderBirdとGmail Loaderを使う。

日時などに関係なくばらばらで入っていくので、予め100通ずつなどで細切れで送信する。
その際、送信対象のメールは受信トレイ(Inbox)に入れる。

Gmail Loaderは相当重いので、かなりメモリ食う。
またよく落ちているのでタスクを常にチェックする必要あり。
件数はスレッド化されるので必ずしも一致するわけではない。

最初、2000数件あるメールを全て送信するようセットし、眠りについて、起きた後見てみると3百件台で止まっていた。
順番がばらばらなのでどこで止まっているかも分からないので
仕方なく手動で最初から。

だが、100通目までを終え、200通目をやっていたところ、Gmailに全く入ってこない。Gmail Loader上は問題なく転送されているのだが。

結局、転送された奴はGmail上から全て消して、ThunderBirdからも全てメールを削除し、OutlookExpressから再インポート。
受信トレイの中でフォルダ分けしている階層から攻めることにした。

C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Thunderbird\Profiles\XXXXXX.default\Mail\Local Folders\Outlook Express メール.sbd\受信トレイ.sbd\フォルダ名

フォルダ名のところは、例えば自社メールなどというように受信トレイの中で更にフォルダ分けしているもの。
この単位で取り込んでいけば、どこまで取り込めたかをはっきりさせることが出来るし、重要なものとそうでないものの区別がつきやすい。
Gmail上でラベルをつけるにも、取り込んで全て選択でラベルをつければよいので楽である。

相変わらず、Gmail Loaderで取り込んだ場合スレッド化されて実際のメール数と違うので分かりづらいが、取り込み完了後に表示される
Done. Stats: 取り込み数 success 0 error 0 skipped.
という数を信じることにした。

取り込み>Gmailで送信者などで検索してまとめてラベル付け>新たな取り込みファイル選択>取り込み・・
というサイクルを繰り返すことで、フォルダ単位で作業を遂行していく。
これで安定して作業が進み始めた。

普通のメールなのに、なぜかGmail側で勝手に迷惑メールフォルダに入っていく奴もあるので、そのときはサルベージして受信トレイに戻してやる。

The following two tabs change content below.
SPONSORED LINK

この記事をシェアする