PC版Fallout3序盤攻略方法解説

SPONSORED LINK

Fallout3(PC北米版)で楽に進めるための攻略。
世紀末ロールプレイとか悪食、変態プレイはこの限りではありません。

Fallout 3(フォールアウト 3): Game of the Year Edition【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2009-12-03)
売り上げランキング: 11,854

ステータス(SPECIAL)

スキル重視

Intelligenceを9以上にするとレベルアップ時のスキルポイントが多い。

VATS重視

Agilityをできるだけ多くするとVATSで使用するAPが増える。
エイミングに自信がない人向け。(武器スキルが高くなると狙った場所に当たるのでVATSなくても何とかなる。)

持ち運び重視

Strengthを多くする。但し重量に関しては50KG余分に運べるようになるPERKがある。

スキル

Fallout3で重要なスキル。
難易度のあるものは、25、50、75、100の4段階に分かれている。
最低限必要なのは以下になる。

リペア

序盤から振りたい。最低75、できれば90以上にしておきたい。
90から100まではスキル本で増やす。
リペアは自分の武器や防具を2個一でコンディションとダメージを増やせるようになる。
リペアの出来るNPCに頼んでも上がるが、リペアスキルほど劇的に上がらない。
リペアスキルが高い場合、ほぼMAX近くまでコンディションが上がりダメージも増える。
また、よいコンディションのアイテムは非常に高値で売れる。
ほとんど、クエストよりもレイダーなど倒した敵から追い剥ぐことによって経済が成り立っているので、経済的にもかなり重要なスキルといえる。
使っているとどんどん痛んで壊れてしまう世界なので、最も重要なスキルの一つといえる。

ロックピック

序盤から振りたい。最低50、できれば90以上にしておきたい。
90から100まではスキル本で増やす。
ロックピックが必要な箱には弾薬や武器、Capsが入っていることが多い。

サイエンス

PCをハックすることで道が開けたり、情報を入手したり行けない場所へ行けたりする。
序盤から振るのはきついが、LV10くらいまでに最低50は振っておくべき。
全PCをハックするなら100だが、とりあえず75くらいまで振っておけばOK。

Explosives

爆弾。攻撃手段としては重視しなくてよいが、早期に家が欲しいなら25以上にすると、Megatonのクエストですぐに家が入手できる。
家があるとStimpakの使用が抑えられ経済的にかなり違うのでロールプレイをするのでなければ爆弾25以上は必須といっていい。

何らかの武器スキル

スキルを上げると武器のダメージ上限が増加する。
大体、80以上にするとダメージがかなり上がる。
また、銃の場合高いほど狙った場所に当たり、エイミングが現実に狙った場所に近くなる。(低いとクロスウェアで合っててもその場所に飛ばない)

武器のお勧めは小銃。
この世界の武器は使うとどんどん痛んできて、自分でリペアできるのは2個一だけなので、出来るだけ武器使用は偏らせず、いろんな武器を使っていくのがいい。
小銃は最も初期から入手できる武器で使用でき、ライフルなど敵からの入手も圧倒的に多く、AmmoBoxで入手できる弾薬もほとんど小銃のものになる。
レンジも近・コンバットショットガン、中・アサルトライフル系、遠・スナイパーライフルと揃っており、どの距離でも戦える。
縛りやロールプレイをするのでなければ必須といってもいいだろう。

レーザーはライフルとピストル2種類あるが、ピストルが弱すぎるので実質ライフル一本になるだろう。
中距離での発射回数が多くリロードはしなくて済むが、やはり小銃系の数の利便性には劣る。

あれば有利なスキル

バーター(Barter)

高いほど売りのときに高い値で売れ、買いのときに安い値で買える。序盤から中盤にかけてはとにかく金がないので、このスキルを上げておけばかなり楽になる。Master Traderが取れるレベルまでは何とかこれで凌ぎたい。

スピーチ

会話の展開で成功すると有利な展開になる。
ロード・セーブの繰り返しをするにしても、最低限成功する程度は欲しい。30くらいあれば十分かもしれない。

スニーク(Sneak)

ステルスモードのときに敵の発見率が下がる
特にステルスモード・スニークアタックに成功すると確実にクリティカルヒットになるので、敵を各個撃破したい場合は有効なスキル。
但し、見つかるときは見つかるのでそれほど重視しなくてもよい。
スニークよりも、むしろ物陰に隠れながらヒットアンドアウェイ出来る程度のPSが重要。(正面突破だと経済効率悪すぎ&すぐ死ぬ)

また、盗難やスリの成功率が上がるが、低くても余り関係ない。

重要なPERK

PERKの取り方は趣味なので、必須に近いものはないが、最初から取っておけば多少有利といったものはある。

Strong Back

50KG多めに運べるようになる。このゲームは重量がかなりきついので有効。

Fast Metabolism

Stimpakの回復量が20%増加する。Stimpakの使用量を抑えることで経済的にも大きい。

Intense Training

レベルアップ時にステータスを増やす。

Educated

レベルアップ時のスキルが3増える。

Comprehension

本を使ったときのスキル増加ポイントが1多くなる。.本は13種類のスキルにつき、25冊ずつどこかに存在しているので、このスキルがあればコンプリートすることで50ポイントのスキルを得ることができる。

Master Trader

25%安く物を買うことができる。

戦闘のコツ

コツというか、相手にする・しないが重要。

クリーチャー(特に動物)、ロボット、グールは序盤は相手にしないこと。
動物は倒して手に入るのは肉のみ。売った所で弾代にもならない。
ロボットは倒すと多少のCELL(エネルギー)があるが、硬い上にほとんど金にならない。
グールはCapsを持っているが、ほとんど10以下なので倒しても益なし。地下道など、クリアすべき探索ルートの道上で会った時のみ倒す。
この3種は余裕がなければ相手にしないほうがいい。

弾やスキルに余裕が出てくれば、逃げるより倒すほうが早い。
人間タイプの敵は、複数が多いが、倒すと必ず武器と防具は持っているので、リペアスキル次第だが、売れば収入源になる。
これは定期・不定期問わずスポーンするRAIDERと、定期的に現れるタロンカンパニーなど。
タロンカンパニーは装備もいいので結構な金になる。

スーパーミュータントも武器防具を持っていることが多いが、全く持ってない場合もある。スーパーミュータントは人間より非常にタフで、何発も頭に銃を叩き込まないと死なない。人間よりは相手にしたくないタイプ。ミニガンで襲ってくることが多い。
また、ケンタウロス(変異クリーチャー)をお供に連れていることが多い。

SPONSORED LINK

この記事をシェアする