[PC・スマホ・手帳]個人事業主エンジニアのツールの紹介(2013年版)

2013年3月に使っているツール等の情報を記す。
例年に渡り2月頃にツール系の話を記事にしているのだが、またこの時期が来た。
筆者が仕事・私生活で使っている手帳、道具やツール類を紹介する。

2013年3月の使用ツール

PC(ノート)

VAIOXを使っている。
大抵は企業で持ち込み不可なので余り機会がないが、貸与するけど持ち込みありで貸与PCが遅いとか、貸与なしでそちらで用意してねという場合のためにPC(ノート)は必須。
またノマド的に出先で持ち歩いて空き時間に情報収集やメール処理したりするのに便利。
PCを持ち歩く以上ソフトも必須となる。
エディタ、オフィス、PDFリーダー、ブラウザがあれば大体仕事できる。

エディタ

筆者は開発やることはほとんどないのでエディタは何でもいいが、最低限タブがあることと色を付けられることくらい。
後はGrepができることが条件か。この3つをsakuraエディタが満たしているので使うことが多いが、なくても特に問題はない。
秀丸でも悪くないが、最近はソースコードをオープンにしていないソフトは禁止不可といった企業も出始めていて、以前超メジャー外資企業で秀丸は使えないことがあった。sakuraは可能だったので開示しているんだろう。
タブはテキストごとにタブ別で管理できるので、用途ごとにテキストファイルを作っておけばファイルをタブ別で管理できて捗る。
実際問題として、PCでなくサーバーにテキストを入れながら作業することもあるが、不要なアプリを入れられないのでメモ帳でやることがほとんどなので、メモ帳に慣れておくことも重要。

MSオフィス

企業で使用する95%くらいはExcel、3%くらいはWord。よって仕事用としてオフィスを入れておくのは必須。筆者はパーソナル2003を使っているが最近はプロ2007を使っている企業が多い。ただ互換性の問題で使えないことはほとんどない。

PDFリーダー

何でもよい。大抵AcrobatリーダーをDLして使う。

ブラウザ

こだわりはないが、IEを使う。PCやサーバに標準で入っているので慣れておいた方がいいこと、他ブラウザに比べ標準的で崩れが少ないこと、クラッシュが比較的少ないこと。速度的なものはPCや回線に大きく依存する。ブラウザ単独で遅い速いというのは最近はほとんど関係ない。速くしたいならPCの処理速度と描画性能と回線を早くすればいいだけ。

OneNote

私事管理やタスクリスト、資料整理の面では欠かせない。
ファイルもコピーで直接突っ込めるし、WEBページ丸ごとOneNote側に送れるし、タスクリストとしてもメモ帳としても使える。クラウド&スマホ連携も出来る。
Evernoteと並び究極の管理ツールといえるだろう。
情報はクラウドに送信されるのでネット環境必須。
クラウドが最新になるのでiPhoneとアプリ連携も容易。
スマホでがりがり長文を更新はきついので、主に母艦やノートで更新し、iPhoneで出先参照するというやり方が普通。
ソフトはこれだけあれば大体足りる。
後は音楽鑑賞やiPhoneバックアップにiTunesなども。UNIXやLinux扱う場合はTeraTermもインストールしておく。

ネット環境

外でPC使う以上、出先での接続は必須。選択肢としてはWi-fiかLTEかスマホテザリングになる。Wi-fiは安いが、宅内で遅いといわれている。テザリングは速度云々よりスマホ自体に電池を食いすぎる。現実的なのはLTEのデータカードやLTEルーターの使用だろう。
筆者はイーモバイルのLTEルーターを持ち歩いている。速度は速くないが、一度に数台使え、スマホでも使えるので利便性が高い。月ごとのデータ量の転送制限もあるが気になるレベルではない。

スマートフォン

iPhone4S使用。使っているアプリは主にOneNoteとGmailとハチ2カレ。
他には音楽プレイヤーやニュースフィードは良く使っているが、必須という感じではない。音楽鑑賞としてはプレイヤー(RADSONE)とかポタアン使っているが、劇的な改良は望めないので飽くまで気休めという感じ。

OneNoteアプリ

余り入力はせず、主に母艦側で入力してクラウド同期しておく。今日やるタスクや情報を母艦で書いておいて参照したり完了したタスクリストのチェック付けたりする。

Gmailアプリ

出先でもメールが一瞬でチェックできる。アーカイブやラベル付けなどもブラウザからと同様に出来る。さすがに返信やメール作成など書くのは辛いのでどうしても出先から長文が書きたいというならBluetoothキーボードが要るだろう。

カレンダーアプリ

出退勤時間が変わる場合の時間、午前や午後仕事以外のイベントがある場合、何かのイベントがある場合、それらをFIXさせるために入力する。結局出先で見るのでスマホ連携は必須。
カレンダーとしてはWEB連携は必ずしも必要じゃない。カレンダーに細かく書く必要はないし、母艦で管理せずiPhone側だけで十分。iPhoneデフォルトのカレンダーは貧相すぎるので使えない。日本の祝日は個人的に必須表示なので、それがあるハチカレLiteを使っている。

メモ

筆者は個人事業主なので備品買うときに領収もらうんだが、領収に書くのが宛名と但し書き。宛名をいちいち口で言って訂正したりするのが面倒なので、iPhoneでメモに屋号入れておく。iPhone見せれば済むので楽。

文房具

デジタル環境だけで仕事が成立しないのでアナログ文具も必須になる。今最低限こだわっているのはペンとノート+ノートカバーくらい。システム手帳は数年前は色々使っていたが今はスマホがあるので全く使っていない。
システム手帳はその日の要件とカレンダー参照が大きいと思うが、その日の要件やフィックスしたことはスマホのONENOTEで、カレンダーは同じくスマホで事足りてしまう。

ペン

ジェットストリームを使用。書き心地やインクの発色がいいことが重要。しょぼいペンだと仕事のモチベーションが下がる。大手書店内にある文具屋で買える利便性と、インクの出方がよく書き心地がいい。

ノート+ノートカバー

KINGJIMのマグネットタイプのA6ノートカバーとKOKUYOのA6ノートを使用。普通のノートを使っているとくたびれてくるのでスタイリッシュにノートカバーと併用したい。マグネットタイプは表紙がマグネットで閉じられるので勝手に開かないのでいい感じ。

2013年10月の使用ツール

続いて、2013年10月に使っているツール等の情報を記す。

PC(ノート)

VAIOX持ちだが家のタワーのバックアップ。会社では貸与PCで作業し持込持ち出し不可なので家のPCの出番はなし。
最近はセキュリティの関係でどこも貸与オンリーになっていると思う。

Wifi環境

一応イーモバイルのLTEルーターを契約しているが、上記のように仕事では使う機会もなく家はau光なのでただの持ち腐れ。まあ月4.5千円x12=年5万でネット環境を持ち歩くかどうかということだと思う。
5万くらいなら仕事に還元するので俺はありだと思っているが……

エディタ

開発をやらないため使用なし。実際最近は特に大手Sierはどこも厳しくなりIT系記事のあるブログすらドメインで弾いて見れなくなっている。よってエディタも自由にダウンロードできず、テキストが必要ならメモ帳か
ワードパッド使えという環境が多い。

ブラウザ

構築や貸与PCでIEしか入ってないので、家でもIE一択。今年入った企業もIE6を使っていた。しかも社内フィルタでほぼ検索結果の閲覧がNG。SEの仕事を否定しているとしか思えない。
ちなみにサーバはWin2012を入れるSIerや客先が増えているのでWindows8も面倒くさいとはいっていられずやるしかない。但し家のPCはノートも含めWin7である。

OFFICE

家のオフィスを2003から2013フルパッケージに変えた。オフィス2010を使っている企業が増えている印象なので、最低でも2010には慣れておいた方が良い。実際にはエクセルを使う企業が大半というのは変わらない。

OneNote2013

OneNote単体でなくスマフォ(iPhone)連携で使う。2013からスプレッドシート挿入ができるようになったので、家計簿をエクセルで作ってアカウント用ノートに貼り付けて管理を試みている。
アカウント用ノートは月の主な支出収入を、Excelのシートに記述し、毎日の雑多な支出を別のシートに記述しておく。レシートは全てもらいシートに転記。また、ネットでの支払いも転記する。このExcelシートをOneNoteにスプレッドシート挿入。
ファイルの添付ではなく印刷イメージが貼り付けられたようになるので、OneNote開いてもシートを開いたのと同様に見ることが出来る。いちいちバックアップとらなくてもOneドライブに同期される。
エクセル単体で管理してもいいが、OneNoteで全ての情報を一括管理しているので支出面もこのように管理を試みている。
Excelスプレッドシートは直接OneNoteから編集でき、編集内容をスプレッドシートに更新で反映できる。

スマートフォン

iPhone5に変更。iPhone4sは下取りに出して売った。iPhone5sはバグが多そうなのと5の支払いが完了してないので買う気はない。iPhoneは正直電話機としては支払いが高すぎるし微妙だが、GPSツールとしては優秀なので手放せない。バイクでツーリング行く時や客先打ち合わせに不案内の場所に行く時などにiPhoneなしでは行ける気がしない。
音楽プレイヤーとしてのiPhoneは全く使わなくなった。音質がどうやっても改善しないこともあるが、家でも外でも同じ音楽ばかり聴くのは飽きてしまう。どうせ聴くなら家で音質がいい環境でじっくり聴いた方がいい。外はどうしても騒音があるし、バイクで聴きながら運転は考えられないし、結局外では聴かない。
他には、iTunes側で同期に時間が掛かったり同期できないファイルがあり、プレイヤーとしてはともかく音楽ファイル管理ソフトとしてiTunesは使えない印象が強くなった。これで新しく音楽を購入することに抵抗が出た。
Sonyがハイレゾ音源をクラウド連携のような形で今年冬以降攻勢に出るらしいことから、iPhoneで音楽を聴くということは個人的にはほとんどなくなると思う。後はハイレゾクラウドがどこまで出来るかに期待。

メール

Gmailに一括している。iPhoneで出先からでも確認出来るので便利。

カレンダー

iPhoneのジョルテなどを使用。ネットのカレンダーとiPhoneで同期はしていない。
自分に予定をFixさせる意味では、OneNoteのタスクリストのノートに、今月の主な予定を簡易的に入れるようにして精神的にFIXさせている。

システム手帳

iPhoneとOneNoteで、システム手帳は基本的に要らなくなるはずだが、実際には使っている。今の出向先では拠点ごとに貸与PCが異なるので管理ツールとして一本化できない、それに自分用のPCというより、共用の作業PC(勤怠入力など)として貸与されているので非常に管理し辛い。SIerで働いていた時は自分専用のPCをずっと持っていたので、今更共用PCというのは非常にやり辛いです。
この対策として、不本意だがアナログで何とかすることにする。週間の縦型バーチカルを買った。これで移動先、移動時間などの後で報告する必要のある情報を記入する。勤怠入力、週報作成、週報送付、会議、などのルーティン作業の進捗を管理する。結局、この会社の勤務期間はこれで乗り切った。

ペン

ジェットストリームを継続使用。素晴らしい書き味とインクの持ち。俺は多色ペンを使っているが非常に便利。

ノートカバー

これは辞めた。ノートカバーはノートの形状によって合う合わないが微妙に出て
カバーからはみ出したりする。ぴったり合うものを買い続ければいいがAmazonで見ても判然としないこともあり結局文房具屋などで数点見繕って買う、カバーに合わない、カバー外す、となった。

SPONSORED LINK