【PS4】ドラゴンエイジ:インクイジション 「世界に招いた災厄」クリア

SPONSORED LINK
ドラゴンエイジ:インクイジション (通常版)
エレクトロニック・アーツ (2014-11-27)
売り上げランキング: 621

3ヵ月240時間近くもプレイしてきたドラゴンエイジもようやくクリアした。
LV21(難易度ハード)でストーリークリアした。メインメンバーのみステータスを掲載する。
また、エンディング画像も掲載する。
ネタばれあり。


SPONSORED LINK

世界に招いた災厄

すぐにラスボスとの戦闘になる。
コリーフィウスとレッド・リリウム・ドラゴンの2本立て。
これまで何匹もドラゴンを倒しているので、ドラゴン戦で焦ることはない・・・のだが、ドラゴンは非常に動きがウザいので厄介。
(首と脚4本でターゲットが分離している上、しょっちゅう細かく位置替えをするので、近接が殴ろうとしたときにはターゲットが離れていて、結局ドラゴンの足元でうろちょろするだけでこちらの攻撃が全然当たらない。
後衛はすぐに羽のはばたきに巻き込まれ、フェイドステップ等のエスケープアビリティでも脱出不可能なDoTで削られて瀕死になる。)
最終戦のメンバーは審問官、ソラス、ヴィヴィエンヌ、セラ。

コリーフィウス

体力15万くらい。テラーなどと同様ワープしまくるのでウザい。
多分バグだと思うが、サムソン同様体力2万くらいを残して死亡する。
(他にも明らかなバグと思うのは、方向キーでキャラにカーソルを合わせても、実際にキャラの視点に移らない。攻撃や移動はできるが、キャラ視点でなくフリー視点なので、変な位置にキャラがいるとかなり行動させ辛い。
ローンチ後にアップデートが1回か2回あって、その後おかしくなったので、デグレだと思う。)
(他にも、雄牛の突進等で画面外に突っ込んでキャラの復帰が不可能と思える状況でも、ワープしてすぐ後方まで戻っていることが多い。これもバグだと思うが、この手のバグを上げると無数にある。)

レッド・リリウム・ドラゴン

体力25万くらい。間近で見ると凄い迫力である。メイジ・弓の後方組の前に氷壁のバリアを張り、ブレスを防御する。
氷壁を出している間はメイジの防御もパッシヴで上昇する。
戦士は側面から回り込んで攻撃する。

キャンペーンクリア後

  • ソラスが出奔する。
  • フレメスが死亡しソラスの正体が明らかに?
  • レリアナが新教皇ヴィクトリアになり教会改革に乗り出す。
  • もう一人の新教皇候補となったカサンドラはレリアナ支持に回る。
  • 魔女のモリガンは帝国に戻る。
  • ほとんどのメンバーは審問会に残るがソラスだけはクリア後に使えなくなる。
  • グレイ・ウォーデンは去り存在が消滅するとも噂される。
  • フィオナはメイジカレッジを立ち上げる。
  • オーレイは変わらず女帝セリーンにより統治されている。
  • 審問会はオーレイに匹敵する巨大な軍事力を保持し今後の行く末にセダス大陸中が注目する。

キマシ

もはや公認カップルの審問官(女性)とジョゼフィーヌ。
カレン、レリアナもあきれて見つめるしかない。

後日譚

クリア時ステータス

LV21でストーリークリア。メインメンバーのみステータスを掲載する。
終盤のレギュラーメンバーは審問官、ソラス、ヴィヴィエンヌ、セラとなっている。
前衛1、後衛3の構成だが、理由としては以下。

  • 前衛が2の場合位置がばらけたときに障壁がかけ辛い。
    前衛が1の場合ターゲットが一人なので障壁をかけやすい。
  • 後衛は、まとまって動くことで常に障壁の範囲に全員がいるようにする。(AIの頭が良くないためメイジや弓がすぐに前衛に出ようとしてしまうが。)
  • メイジが一人だと障壁を潰される方が早くなり、供給が間に合わない。また、前衛に障壁をかけた後、急にDoTを食らって後衛がピンチになりクールタイムで間に合わないということもよく起きる。
    メイジが二人なら障壁を安定的に供給できる。
  • メイジが二人の場合、火力がかなり落ちるので、弓(セラ)を一人入れることでダメージ不足を補う。
    弓の場合は体力マックスからのフルドローで一気に数千の体力を奪える。
    また、セラの場合は雷フラスコからのフルドローやサウザンドカットが優秀で、ダメージディーラーとしては全メンバー中トップクラス。
    対抗のダメージソースはコールだが、コールは近接として動く必要があるので弓よりも効率は落ちる。
    弓でもヴァリックの場合は罠に嵌めないと意味がないので、DPSがかなり落ちる。
  • 前衛の候補は盾、両手、短剣、アサシンのどれかになるが、短剣とアサシンの場合はガードを自前で増やせないので、攻撃ヒット時にガードプラスされる装備にしないと厳しい。

これはフェイドに触れた黒曜石の採集によるので、序盤中盤終盤と安定的に供給できるかというと難しい。筆者はどちらかというと前衛をローグにするのは否定的である。
カジュアル~ノーマルなら可能かもしれないが、ハードやナイトメアでは厳しいと思う。
このゲームで戦士の意義が何かというと、『ガードを自前で増やせるから』というただ一点に尽きる。
盾は上級職がロックされている間は有効で、特にこのゲームで最高難度と思われるヘイヴン襲撃時には盾2枚にしないとかなり厳しいのではと思う。
が、上級職がアンロック後は、露骨にDPS不足が目に付くようになる。
そこで、スカイホールドに移った後に盾から両手にアビリティを振りなおすのは有りだと思う。
両手だとDPSがかなり上がるが防御に不安が出るので、その分を上級職のチャンピオンで補えばバランスが取れる。
筆者はリーヴァーにしてしまったので、後半は敵のユニークやボスクラスとの戦いがかなりきつかった。
盾リーヴァーだとDPSが低いし、余り有効には感じなかった。
やはり両手チャンピオンが一番バランスはいいのではないか。

審問官

両手リーヴァー。メイジの障壁サポートがないと余りにも貧弱なのでガード寄りのアビリティにしている。

セラ

攻撃面でパーティーを牽引する射手。ティア3のサウザンドカットはボス用に欠かせない。

ソラス

メイジ二人で障壁を手厚くする。ヴィヴィエンヌより障壁は弱いが、ドリアンよりは範囲魔法が強いのでメンバー入り。

ヴィヴィエンヌ

スキルとしてはほぼ障壁のみの人だが、上級職解除後はその障壁の強さからレギュラーとなる。
まあ、クリア後にソラスがいなくなるので、ロードしてドラゴンを残り全部倒してから再度「世界に招いた災厄」をやり直そうと思いますが・・・。
ソラスがいないと何だかんだ厳しいと思います。

SPONSORED LINK

この記事をシェアする