【PS4】【評価・感想】トゥームレイダー DEFINITIVE EDITION ゲームレビュー「新生トゥームレイダーとしてリブートするも従来とは別ゲームに」

SPONSORED LINK

トゥームレイダーストーリーを1周目クリアしたのでゲームレビューを上げる。
難易度ハードで進行状況は約12時間程度かかり達成度70%。

トゥームレイダー ディフィニティブエディション【CEROレーティング「Z」】
スクウェア・エニックス (2014-02-22)
売り上げランキング: 1,839
トゥームレイダー ディフィニティブエディション 【CEROレーティング「Z」】
スクウェア・エニックス (2014-09-04)
売り上げランキング: 11,306

SPONSORED LINK

レビュースコア

【PS4】トゥームレイダー DEFINITIVE EDITION 55点(/100点)

総評

トンデモなストーリーだが、ゲーム自体は面白いと思う。
ただ、トゥームレイダーとして見ると、リボーンしたとはいえ、これは既存のトゥームレイダーとは全く別ゲーといってよいと思う。
従来の遺跡アドベンチャー、パズルアンドアクションというより、オープンワールドTPSのおまけに遺跡探索があるという感じになった。

戦闘はパターンを覚えると単調。遺跡もおまけなので、何が楽しいかというと、ロープを張ったジップラインで高い場所から移動したり、パルクールのように壁ジャンプからピッケルで岸壁に跳びついたりといった登攀アクションとしては面白いと思った。
が、登攀アクションとして見た場合も、グラップルを使って自在にロープアクションするということは出来ず、弓を崖に打ち込んだりしてジップラインで限定的なロープアクションが使えるのみになっている。

従来のトゥームレイダーとしての面白さからはちょっと違う感じで、ゲーム会社が新たに獲得したいファン層と既存のファンの間で、乖離が生じないかが気がかりではある。

攻略のコツとしては、戦闘は最高難易度のハードでも易しめでヒントやTipsとして記事に出来る内容がほとんどない。
あえて書くならスラム街のソラリ集団との戦闘、サマンサが囚われた城に行く途中で行く手を阻むオニの集団、この二つは戦闘が激しい場面となる。

ソラリ集団に対しては、大抵近くにドラム缶があるので、それを火弓ショットなどで引火させて誘爆させ、一気に葬ると楽に倒せる。
ドラム缶がなければ落ち着いてエイムを当てて行くしかない。
大抵敵は正面を殲滅すると横に回りこんでくるので、敵を倒す順番を覚える。

オニの集団の時はドラム缶がないので、地道に倒す。アサルトライフルがオニには効果的で、2発当てれば死ぬ。
リポップした敵も全て倒しながら進む。
放置すると物量を抑えきれずやられてしまう。
いずれの場合もグレネードを集団に撃ち込みながら進むと効果的。

エンジュランス号のボスと、オニのボスに対しては、攻撃モーションに入ったらタイミングよく回避でよけ、大振りの隙に各弱点にショットガンなどを当てると、▲マークが出るので、タイミングよく▲を押す。
この時、早過ぎたり連打していても駄目なことが多いので、出た瞬間を狙って落ち着いて押す。
船の上のボスは頭、オニのボスは背中が弱点になっている。

個人的にこのシリーズは登攀・パズルアクションをずっと貫いてもらいたかった。
オープンワールドにしたい気も分からないではないが、それなら幾らでも他にゲームがあるので、トゥームレイダーでやる必要はユーザーから見るとそれほどないのである。

その他の評価点

[good]

  • 格段に向上したグラフィック。
  • 新生トゥームレイダーとして華々しいスタート。
  • 登攀アクションとして安定した面白さ。
  • 遺跡のクリアに試行錯誤が必要。

[bad]

  • トンデモなストーリーと滅茶苦茶な時代考証。
  • 単調な戦闘。
  • 敵の武装がどう考えても行き過ぎ。
  • QTEが多過ぎる。
  • トゥームレイダーであることの必然性が薄い。
SPONSORED LINK

この記事をシェアする