就活終われハラスメント「オワハラ」に注意!対策を予習してオワハラに備えよう

SPONSORED LINK

知ってそうで実は知らないニュースのキーワード、最近多くありませんか?
このブログで社会・経済のホットなキーワードを勉強しましょう。
今回のキーワードはオワハラです。


SPONSORED LINK

オワハラってなに?

中小企業の人事担当者などが、就職活動中の学生に対して「就活終われハラスメント」(略してオワハラ)の圧力をかけて就職活動を終えるよう強制すること。

オワハラの背景

大学生は学業を優先すべきとの政府要請に経団連が応えて就職活動時期の繰り下げが決定した。
経団連加盟の大手企業では「採用選考に関する指針」に縛られる。
非加盟の中小企業では指針に縛られない。
そのため中小企業が大手企業の間隙をついて学生の早期囲い込みに動いたのが今回のオワハラと見られる。

従来
大学3年12月 解禁(企業が広報活動を開始)
大学4年4月 面接開始
大学4年10月 内定式
16卒から
大学4年になる直前の3月(3ヶ月後ろ倒し) 解禁(企業が広報活動を開始)
大学4年8月(4ヶ月後ろ倒し) 面接開始
大学4年10月 内定式

オワハラの被害

アンケートに記載されていたこと

  • 就職活動を終えないと内定を取り消すなどといわれた
  • 他社の辞退や活動終了を強要された
  • 短期間で誓約書提出を求められた
  • 必要以上の選考期間や選考イベントを設け応募者を拘束し他社への活動を妨害

NPO法人によるオワハラの被害喚起動画

オワハラにあったら

まずは大学に相談しよう。

まとめ

  • オワハラは企業が学生に嫌がらせをして就活の邪魔をすること
  • オワハラの背景は就活時期の繰り下げが原因
  • オワハラにあったら大学の学生課等に相談
The following two tabs change content below.
SPONSORED LINK

この記事をシェアする