ドラゴンズドグマオンラインに向けて購入した4つの買い物

ドラゴンズドグマオンラインをプレイするかどうかだが、CBTのフィーリングがとてもよかったので、自分の中でほぼプレイ予定で確定しました。

【PS4】ドラゴンズドグマオンラインCBT2 – 血沸き肉踊り脳汁迸る神ゲー爆誕! – Digital Analyzer Zero

エターナルシティ3も国内展開が決まりテストユーザの募集も始まってますが、これはもう少し先になりそうなので時期も被りそうにない。


SPONSORED LINK

購入品①PS4対応キーボードの購入

ドラゴンズドグマオンラインのプレイをコントローラでするのは全く問題なかったが、ハンターだとちょっとエイムが難しい場面があったということと、もう一つはパーティチャットで定型入力やソフトキーボードでやり取りするのは無理だと思ったこと。
特にチャットの問題は深刻で、パーティコンテンツありのMMOやMOをプレイする時にチャットでのやり取りは欠かせない。
慣れると「よろおつオンライン」といってよろしくとおつかれしか言わなくなるゲームもあるが、攻略型コンテンツのプレイ経験では、TERAなんかはプレイする時に色々打ち合わせながら攻略していたし、チャットをキーボードでやるのは必須といえる。

定型文入力も、一般チャットでは出来たが、パーティチャットで試しても表示できなかったので、パーティプレイには最後まで不安があった。
これを払拭するため、PS4で使えるキーボードを探したところ、幾つか使えるものがあるらしいとわかり、購入。
今日早速、PS4で試して見たが、YoutubeのURL入力が普通に出来たり、アカウントの名前設定でキーボードから入力できたりと、問題なかった。
恐らくゲーム内でも使えるだろう。
接続は、PS4のUSB端子にキーボードを接続するだけで非常に簡単である。
但しソニーの純正でキーボード対応を謳っているわけではないので、不具合が出ても文句は言えない。

購入品②、③、④特典付きパッケージの購入

CBTで14LVまでプレイしたが、思ったのはこのゲームは
プレイヤースキル5:装備5
という割合のゲームということ。
当てる、よける、立ち回りという部分も要求される。しかし、立ち回りだけではどうにもならない部分があり、それは装備に左右される。
12LVを過ぎるころから激烈に難易度が上がり、自分もポーンも死にまくる。
そこで、ゲーム開始にあわせて発売されるパッケージの特典でアイテムをゲットして序盤を乗り切ろうと考えた。

今発売されているのは、リミテッドエディションのパッケージで付いてくるネメシス装備一式と、Amazon購入で付いてくるDLCコードのマフラー装備(TSUTAYAなど他会社発売のものは同じような装備品が付いてくる)、書籍のルーキーズ・ガイドに付いてくるオーフリングボウ紅の3つが主なものである。
アーリーアクセス権利はどうでもいいが、ネメシス装備は強化で後半まで使えるので、買っておきたかった。
また、自分の装備以外に、このゲームはAIで動く従者キャラ(ポーン)がいて、ポーンの装備も充実させないと、ソロプレイは難しい。
よって、自分の装備プラスポーンの装備ということで、パッケージを2本買いたかった。
しかし、Amazonでは1アカウントにつき1本しか購入できなかった。どうしようかと思ったが、「オーバーウェア:新人覚者のハイマフラーDLC(イベントコード)」 付を1本と、このDLCなしのパッケージを1本で計2本買うことが出来た。
DLCありは同一アカウントでの購入制限がかかっていたが、DLCなしなら制限がないらしい。
これで、ネメシス装備を二つ確保に成功。

あと、筆者はハンターをやるつもりなので、オーフリングボウ紅も欲しかったので、ルーキーズ・ガイドも購入した。

週刊ファミ通編集部
KADOKAWA/エンターブレイン (2015-08-31)
売り上げランキング: 336
SPONSORED LINK