【PS4】Fallout4 プレイ記録(LV27難易度VeryHard)

SPONSORED LINK

今PS4でプレイしているFallout4の状況について書く。
といっても、一週間くらい前に書いた記事なので、1/10頃の状況になります。(1/17時点はLV33くらい)
意識してなかったけど丁度ソフト発売から今日が一ヶ月目ですね。

ちょっとキャプ上げるの面倒なんで画像なしです。

プレイ時間 約2日13時間11分
レベル 27
難易度 VeryHard
攻略情報参照 なし
その他 Fallout3プレイ経験あり
記事内ネタバレ 本編に影響あり

SPONSORED LINK

Fallout4だが、最初VeryEasyでプレイしてLV12くらいまで上がったが、それほど難しくないと感じた事と、コンコードでのクエスト「When Freedom Calls」が確定バグになるので、最初からやり直すことにした。
難易度は、Survivalは回復の速度が遅すぎてプレイが難しいと思ったため、VeryHardとした。

1/5頃にVeryHardで新規開始し、現在LV27でヘーゲン砦を攻略~グッドネイバーでグダグダしている所まで進行。

進行

基本的には、Vault111から南東に南下しつつ、『BOS(前作でお馴染みのブラザーフット・オブ・スティール)』に入ってクエストを消化してLVアップを促進。スーパーミュータントが倒せるようになったらダイアモンドシティへという感じで進めた。

BOSはクエストをくれるので経験は入るが、軍隊に入るようなキャラクターをイメージしていなかったことと、動きを大きく制限されそうでかなり迷ったが、実質1周目であることもあり、進めやすさを取って加わることにした。
が、ダイアモンドシティに入ってしまえば大量のクエストがあるので、無理にBOSに入る必要はなかったと思った。

ダイアモンドシティではサブクエストのほか、探偵ニック・バレンタインと接触してようやくメインクエストが動き出す。

クエスト「When Freedom Calls」の「コンコードの敵を排除する」は、アップデート1.01が当たった状態からゲームを新規開始しても、レイダーを倒してフラグが立たず何も起こらないので、放置して先へ進めている。

あとは、思ったのは予想以上にレベルはガンガン上がるので、どうせなら難易度Survivalでプレイすれば良かったと後悔した。

veryhardでプレイに関しては難しさは全く感じない。(vats無し殴りオンリーでは別だが)

主なルート

  • Vault111
  • サンクチュアリ
    ワークショップあり
    ドッグミート(犬)が仲間になる
    コズワース(ロボット)が仲間になる
  • レッドロケット
    ワークショップあり
    初期投資が少ないのでここを拠点にした
  • コンコード・自由博物館
    パワーアーマー、ミニガン入手
    「コンコードの敵を排除する」クエストがバグのため未達成
  • ドラムリン・ダイナー
    商人確保
  • ケンブリッジ警察
    BOS入隊
    メインなのかサブ扱いなのかよく分からず、但しクエストはもらえるので経験値は入る
    「Shadow of Steel」まで進めるとパワーアーマーも入手
  • ケンブリッジ・ポリマー研究所
    防護服入手(対RAD装備)
  • トリニティタワー
    ストロング(スーパーミュータント)が仲間になる
    アガサのドレス入手(CHR+3)
  • ダイアモンドシティ
    パイパー・ライト(女性記者)が仲間になる
    ニック・バレンタインのクエスト消化
    息子の誘拐犯の追跡
    ニック・バレンタイン(探偵)が仲間になる
  • ヘーゲン砦
    誘拐犯との対決
  • グッドネイバー
    メモリーデンでDrアマリに会う。誘拐犯の記憶を辿る
    市長ハンコック(グール)が仲間になる
  • コンバットゾーン
    ケイト(女剣闘士)が仲間になる
  • レールロード
    最初のクエストTracecraftで潜入するスイッチボード内で防護服入手(対RAD装備)
    ディーコン(人造人間?)が仲間になる
  • 輝きの海
    インスティチュートから逃亡した科学者バージルを追い輝きの海へ

前作との違い

筆者はFallout3もプレイしているので、このゲームがどういうものか大体分かっているが、1回目のテストプレイでやった感想としてはFallout3とFallout4はほとんど似たようなシステムだと思った。

大きな違いは、前作ではSPECIALは成長で伸びず、アイテムで上げる必要があったが、今作から成長させることが出来るようになった。
また、レベルアップした時にPERKはポイントを一つもらえたが今作からレベルアップ時にもらえるポイントで割り振らないとならなくなった。
PERKとスキルは今作ではPERKに統一された。

また、前作では重要だった装備のリペア(前作では銃などを使っているとどんどん性能が落ちていくので、劣化を防ぐために武器二つをリペアスキルで2個1して最新に保つ必要があった。)がなくなった。
リペアは面倒なだけだったので嬉しい改善点といえる。

戦闘では前作と同様にFPS的に戦闘することも出来るし、VATSでコマンド的にすることも出来る。FPSとしてはキャラの能力に補正を受けるのでクソゲーと言えるが。VATSで戦闘するにはAPが必要で、VATSの攻撃を考慮するとPERとAGIが必要になる。

SPECIAL

初期ポイントはINT>PER=AGI>CHR>その他の順で割り振ると序盤が楽になる。
INTは高いほど経験値が増えるため最初から高めにしておく。
但しSPECIALの値は服や装備でも上げる事が出来る。例えば商人と売買する時だけ、CHRが上がる服や帽子を装備しておき、売買の時だけ装備の値分高いCHRで取引する。
売買が終わったら元の装備に戻すといった具合だ。会話の選択肢でも同様。

STRは一見、ある程度は振らないと、装備の剥ぎ取りで金を稼ぐのに重量制限がきつそうだが、Fallout4ではクラフトでアーマーをポケット付きにして持ち運べる上限が大きくなる。よってSTRを伸ばすよりもPERKの「Armorer」を上げてクラフトでポケット付き装備を作って重量の上限を増やすようにした方がいい。(近接戦メインならいずれにせよSTRを上げないといけないが。)

PERK

PERKの取り方については完全に趣味だが、序盤を進めやすい取り方というのはあると思う。
まず、「HACKER」と「LOCKSMITH」はルートを切り開いたり希少なアイテム入手のために必須なので優先的に上げたい。もしこれらのポイントを上げていないと、攻略中に開けられなかった金庫や扉が残ることになり、後々来るのに覚えておくのも面倒だ。

武器

武器については、接近戦より銃を使うほうが圧倒的に楽なのは間違いない。接近戦だと敵に近付く必要があるが、敵の多くは遠距離武器を持っており、ガードタワーやビルの高所から狙撃してくる。
ゲームを進めると自爆特攻してくる敵も出てきて接近戦メインだと非常に苦労する。
肉弾戦はこのゲームでは上級者の楽しみ方といえる。
逆に言うとこのゲームで最もシビアなのは難易度Survival、PERKと武器は接近戦オンリー、VATSなしという縛りプレイだろう。

銃器は基本的には308口径のライフルとショットガンの2系統を中心にメイン武器に集中して改造をしてダメージを上げる。

Fallout4では武器が「壊れる」心配がないので、メイン武器をひたすら改造で強化しその時点の最高レベルの改造を施す。壊れる心配はないが、希少なジャンク品(ネジなど)を集めるのが苦労するので、使うメイン武器は改造を施した伝説武器数本という感じになってくる。

ライフルは遠距離で先制する。サプレッサー付きだと「NINJA」とのコンボで大ダメージを狙える。

ショットガンは近距離に近付いた敵にダメージを与える。ライフルで削って殺しきれずに近寄ったヤツをショットガンで打ち取るのが基本パターンになる。ショットガンは弾数が少ないためリロードがネックなのでPERKでリロードを高速化しておく。

武器を2系統使うのは、距離の問題もあるが、口径の同じ銃を使っていると弾が不足しやすいからだ。

10mmの小銃は銃と弾は豊富だが威力が弱すぎて最序盤しか使えない。
10mmとかの使わないけど大量に入手する弾丸は、収入源にはなる。

LV27時点では、308口径ライフル、ショットガンを併用している。うちライフルは伝説武器を使用。50口径に改造すると強力だが弾が高い。

レーザー武器(ライト・オーソリティ)弾のセルは入手しやすいが、なぜかアキュラシーを高くしてもVATSで外しまくるので、主人公は使いづらいと感じ仲間にサイドアームとして渡している。

ライフルメインなら「RIFLEMAN」でのダメージ上昇と「GUN NUT」での銃器モジュール強化を行っておく。

また、ステルス(R3)で動くのが基本になるので、「NINJA」を取るとダメージが数倍になって先制をし易くなる。

VATSメインなら「ACTIONGIRL」も取っておくと攻撃が捗る。

難易度を上げると伝説級の敵が出やすくなるので伝説武器も入手しやすい。武器だとAP消費減少、防具だとステルス機能の付いたものが強い。

ワークショップの拠点化

拠点化のやり方は、ワークショップや作業台のある場所(レッドロケットなど)で、ワークショップからジェネレータと無線ビーコンを設置。ジェネレータとビーコンはワイヤーで結ぶ。するとビーコンを聞いた入植者が集まってくる。

ワークショップから作物を地面に植えて、同じくワークショップから入植者を選択して作物に配置させる。時間が経つと作物が収穫できる。

また、防衛装置を作って配置させると、セキュリティのように行動してくれるので、作物専業、拠点防衛と入植者の役割をそれぞれ与えることが出来る。
ちなみに、拠点の施設はレイダーやスーパーミュータントにしょっ中襲われているので、施設を壊されたくなかったら防衛施設や防衛担当者を配備しまくる方がいい。
壊れた施設はワークショップから「修理」で元に戻すことが出来る。

防衛用の入植者には武器や装備を与えておく。話しかけてトレード画面で武器・防具を与え、△ボタンを押すと装備してくれる。
そのほか、ワークショップボタンを押すと画面上にそれぞれのステータスと不足しているものが表示されるので、随時それらをワークショップから追加してやる。(食料、ウォーターポンプ、ベッド、防衛装置など)

武器やアーマーを改造するにはJunkが必要だが、ワークショップから取り出すときにJunk以外も全て取ってきてしまうので、武器、アーマー、AIDなどJunk以外のものを入れるための専用の入れ物を作ったほうがいい。

仲間(コンパニオン)

仲間(コンパニオン)は複数いるが、連れ歩けるのは1体のみ。
また、仲間は固有のポリシーのようなものを持っていて主人公の言動により親密度が高くなったり、反感を買ったりする。
一部の仲間は親密度が高くなると「口説く」や「ロマンス」などのイベントが起こり、特別な関係になる事が可能だ。(ドラゴンエイジのように同性同士でもロマンス可能。)
親密度が最大になると相手から「敬意」を持たれ、特殊なPERKが付く。特にディーコンとマクレディのPERKが強力。
仲間を連れる理由は戦闘への参加、アイテムの持ち運び、親密度上昇によるPERKの獲得、特殊なイベントの4つである。
仲間をチェンジする時は、外す仲間をどの拠点に移動させるかを選択出来る。

以下は筆者が仲間に出来た相手。ロボットとドッグミートを除けば戦闘の動き方やタフさは余り変わらない。ドッグミートとストロング以外は鍵開けで好感度が上がりやすい。

  • ドッグミート
    ドッグミートは開始後直ぐのコンコードで仲間になる。戦闘では敵の足元にまとわりついて足止めしたりする。
    ドッグミートはドッグアーマーなどの犬用の装備を付けられる。また、ドッグミートのみの専用PERKがある。恐らく親密度の上昇で得られるPERKがない代わりに用意されたものだろう。
  • ストロング
    ストロングはスーパーミュータントのはぐれ者で、トリニティタワーを攻略すると仲間になる。
    ストロングは仲間としては扱い辛い。スーパーミュータント専用の装備しかつけることが出来ず、武装が大きく制限される。武器も人間用のものはハンティングライフルやレーザーなどの一部しか使えない。また、鍵開けをすると反感を買うので親密度を上げにくい。
    ストロングの利点は重量の上限が高くかなりの荷物を運べる。体感的には人間の仲間の2倍程度余裕がある。
  • パイパー
    パイパー・ライトは新聞記者の女性でダイアモンドシティに入って直ぐに仲間になるチャンスがある。ダイアモンドシティはボストン公共図書館やトリニティタワーの南西にある。
    パイパーは会話シーンでの公正な態度を取る、ダイアモンドシティの人に親切な行動を取ると好感度が上がる。恐喝や脅しの態度を取ると反感を買う。
    パイパーは街中では新聞のインタビューのために勝手に移動することが多い。
  • ニック・バレンタイン
    ニック・バレンタインはダイアモンドシティで探偵をしている。人造人間のプロトタイプだが、裏世界での顔は広いようだ。メインクエストの「Reunions」で息子ショーンを誘拐した犯人の捜索で力になってくれる。
  • パラディン・ダンス
    パラディン・ダンスは『BOS』の指揮官で、BOSに加わると「Shadow of Steel」のクエストで仲間になる。
    パラディン・ダンスはパワーアーマーに関する行動を取ると好感度が上がる。
  • マクレディ
    マクレディはグッドネイバーのサードレールの酒場の奥にいるガンナーの殺し屋。主人公には仕事を探しているといい、用心棒に雇わないかと聞いてくる。
    マクレディはクライアントと金の交渉をすると喜ぶ。
  • ハンコック
    ハンコックはグッドネイバーの市長でグール。ハンコックは自由を求める高潔な男だ。「The Big Dig」のクエスト次第では仲間になる。
    ハンコックはグッドネイバーのためになる行動を取ると好感度が上がる。理由のない殺しをすると反感を買う。日本語版の声優は竜が如くシリーズの主人公・桐生一馬の声を充てている黒田崇矢氏。
  • ケイト
    ケイトはコンバットゾーンで戦っていた女戦士。どうも薬中毒のようでしょっちゅう時注射器を腕に打っている。ケイトはある状況ではサイコなどを使うと反感を買う。
  • ディーコン
    ディーコンは反インスティチュート組織『レールロード』のエージェント。禿頭の人間の男だが顔も姿も数年に一度完全に変えているため本当の姿は分からない。人造人間だといううわさもある。

家・拠点

Fallout3では爆弾25を捕っていればゲーム開始後直ぐにメガトンで家を持てたが、今回は適当な拠点(レッドロケットなど)に住居を定めることが出来る。
また、メガトンのような大きな街はダイアモンドシティがある。
ダイアモンドシティに家を持つことも出来るが、金が2000必要。
家を持つには、ゲートから街に入ってセキュリティ右のエレベータで上がって市長の秘書に話しかける。

商店・街

商店主がいる街

ドラムリン・ダイナー
一番最初に見つける商店。よくレイダーに襲われている。

ダイアモンドシティ
野球場を街にした小都市。人造人間の恐怖が街を包んでいる。

グッドネイバー
グールや流れ者が行き着く自由な街。

バンカーヒル
レイダーかキャラバンが必ず通るという街。

SPONSORED LINK

この記事をシェアする