【PS4】仁王-NIOH- 体験版レビュー「ソウルシリーズやブラッドボーンに酷似した和風剣戟ゲーム」


コーエーテクモゲームスがPS4用にリリースしている『仁王-NIOH-』(体験版)について、体験版をプレイしたので、寸評を載せる。

[寸評]仁王-NIOH-

プレイ時間:1時間くらい(LV6までプレイ)

コーエーテクモゲームスはメーカー名が『光栄』の頃から三国志、信長の野望、ランペルール、維新の嵐など革新的なシミュレーションゲームをリリースしてきた老舗メーカー。
日本のゲームの黎明期から歴史を刻んできた名門である。
しかし、テクモと合併してから迷走し始めた印象で、無双アクションゲームに傾倒し、本業のシミュレーションゲームでもパッとしない出来が続いている。

今回の仁王も、そんな迷走振りがよく表れており、何故かフロム・ソフトウェアが先行しているダークソウル、ブラッドボーンといったアクション剣戟分野に敢えて打って出た『意欲作』になっている。
舞台はダークな雰囲気溢れる寒村。ウィッチャー3のゲラルトに瓜二つの主人公は、落ち武者風の敵を切り倒しながら先へ進む。

仁王の主人公ウィッチャー3のゲラルト

武器を日本刀に持ち替えた以外は、ダークソウルシリーズ(ここでは派生作品のブラッドボーン含む一連のダークソウルシリーズを指す)にそっくりで、主人公がゲラルト版のダークソウルシリーズをプレイしているみたいだ。
一応、オリジナル要素としては、武器の構えに上中下段とあり、それぞれの構えから繰り出すスキルやコンボといった要素が独特だ。

中段で構えて対峙しているところ

挙動に関してもダークソウルシリーズ似ているが、仁王の動作はカクカクしている感じがする。
ダークソウルシリーズのように、あたかも自分の分身であるかのようにスムーズな動きではない。

また、スタミナ切れがかなり早い印象で、少しでも追い討ちをかけると直ぐにキャラクターがぜいぜいと肩で息をするモーションになり、大きな隙が出来る。
レベルアップして、攻撃力を増やしても、それほど変わっていなかった印象だった。
ステータスよりも、使う武器によって攻撃力が大きく変わっていた。

体験版のせいか、導入部分も説明が全くなく分かり辛い。
尤も現時点ではこんなものかもしれない。

武器の数値などは結構細かい

開発者が何を思ってこういう作りにしたのか分からないが、社内の会議で「ダークソウルに似たゲームを作りましょう」ということになり、開発者がダークソウルシリーズを参考にしていたら「いつの間にか同じゲームになってしまいました」ということだろう。
ダークソウルシリーズを目指していたのなら、似て非なるもの、劣化版が作られる。

例えば、序盤で二人以上の敵がいる場所があるのだが、2対1だと攻略が難しい。
そこで、道中で拾った石を敵に投げてぶつけ、「一人ずつ釣って」倒す。
これはブラッドボーンでの攻略法そのものであるが、「仁王」としてのオリジナリティはどこにあるのか。

ステータスと操作方法

開発期間と莫大な予算がかかっているので、ダークソウルシリーズにそっくりの『パチモンゲーム』と酷評されても、メーカーとしてはリリースせざるを得ない。
そういう事情が予想出来るだけに、プレイしていて少し寂しい気持ちになる。
革新的で意欲的なソフトを出していたあの頃の光栄は過去の姿なのだろうか。

購入判断

このゲームをプレイしてお勧めできるかどうかというと、とてもお勧めは出来ない。
何故なら、フロム・ソフトウェアのダークソウルシリーズの方がずっと優れたゲームだからだ。
ダークソウル3、ブラッドボーンを両方プレイしている筆者だが仁王に関しては全く惹かれるものはない。
これは似て非なるもの、オリジナル要素を薄めたただの劣化版だ。
ダークソウルシリーズファンは、是非、本家本元であるダークソウルⅢやブラッドボーンをプレイしてもらいたい。

また、生粋の光栄ファンであればなお更この仁王を買うべきではない。
メーカーに対して「このようなソフトは買うわけにはいかない」とユーザーが購買行動で回答していかなければいけない。
もし安易に人気ソフトの上辺をコピーしただけのソフトの売り上げが好調であれば今後もこのような安易な制作を許してしまう。
それは良ゲームを求めるユーザーにとって弊害以外の何者でもない。

「やはりパチモンでは売れないか」とメーカーがハッキリ理解しなければ、今後もこのような駄コピーソフト、パチモンソフトが市場に蔓延るだけだ。

SPONSORED LINK