【PS4】Biohazard7 ResidentEvil(バイオハザード7 レジデントイービル)体験版レビューとプレイ動画「恐怖の原体験へこれまでのバイオとは全く方向性の異なる作品」

SPONSORED LINK

E3 2016で発表されたバイオハザード7レジデントイービルの体験版がプレイ出来るのでダウンロードしてプレイしてみました。
インプレとプレイ動画を掲載します。

プレイ動画も撮影したのでそちらも合わせてご覧下さい。

プレイ動画


[寸評]Biohazard7 ResidentEvil

プレイ時間:2時間

E3 2016のVRの対応タイトルの一つとしてバイオハザード7レジデントイービルが紹介され、同時に体験版もダウンロードプレイ可能となっている。
VR対応ゲームだがVR環境なし(PS4のノーマルな環境でプレイ)でも普通にプレイ可能だった。

始めに書いておくと、体験版となっていても実際にはそれほど歩き回れる範囲が多くなく、操作出来ることが少なく、分岐点やフラグが少ないので、誰がプレイしても同じような内容になる。体験版というよりデモ版と捉えたほうがいいだろう。

ゲームが始まると最初に「館から逃げろ」というメッセージが出て、田舎の古びた廃屋を歩き回ることになる。主人公がなぜこの家に来たのか、何が起こったのかが記録されたビデオテープを見つける。
ビデオテープの中での行動が現実にも影響する。
テープの中で惨劇が起こり再び目覚めた現実に時間軸が続く。
廃屋を探索するうち主人公は鍵を見つけ脱出を試みるが…。

操作的にはL3でダッシュ、R2で攻撃、R3でしゃがむ・立ち上がる、△でアイテムリスト、○ボタンで扉を開けたりアイテム使用など。

結局武器を入手したものの何度ループしても脱出出来なかった。「逃げろ」というメッセージだが本当に脱出可能なのかどうかは分からなかった。
この「体験版」では、従来のバイオとは全く異なる世界の中で何が出来るのかはほとんど分からない。ただ手掛かりを求めて家の中をさ迷いながらテープと現実をループし続けるだけだ。
ナンバリングタイトルが付けられているが、従来のバイオとも違う恐怖の原体験へと大きく舵を切った作品になっていると感じた。

また、もう一つの軸としては恐らくカプコンとしてもVR対応初作品となるゲーム。SIEから「VR対応タイトルを出してくれ」といわれて、カプコン社内で「バイオでいきましょう」となったのだと思われる。

購入判断

どのゲームレビューでも書かれると思うが『アウトラスト』『PT』といったホラーゲームに非常に近い印象を受ける。
ここからどのようにバイオらしさを出していくのかによって大きく判断も変わってくる。
現時点では更なる続報を待つべきだろう。

The following two tabs change content below.
SPONSORED LINK

この記事をシェアする