【PS4】【評価・感想】The Division – ディビジョン ゲームレビュー「期待度は高かったものの敵が硬いだけの単調なゲームに」

SPONSORED LINK

PS4のThe Divisionのゲームレビューを上げる。
プレイ状況はメインストーリーを完結、シーズンパス購入後アンダーグラウンドでプレイ。ギアスコアを190程度まで上げた所でプレイを休止。

ディビジョン

ディビジョン

posted with amazlet at 16.11.04
ユービーアイソフト (2016-03-10)
売り上げランキング: 464

SPONSORED LINK

レビュースコア

ディビジョン 60点(/100点)

総評

ウィルスが蔓延し混乱が広がった広大なニューヨークを舞台にディビジョン・エージェントとなって暴徒を鎮圧したり街を救うために活動する。
ゲームはTPSカバーシューター。
車や車止めなど至る所にある障害物をカバーに、暴徒と銃撃戦を行いミッションを遂行する。
マップには大量のミッションやクエストがあり好きなものを選んで進行できる。

一応メインミッションはあるが、ストーリーらしきものはなく、主人公を中心とした背景描写もない。元々のグラフィックや描画が優れていてTPSとしてもバランスがいいが、10レベルを超えるくらいから単調になり始める。

武器はレベル制限がありレベルを上げないと使えないが、高性能武器が売りに出されるかどうかはランダムなので15レベルくらいでも10レベル武器から抜け出せないといったこともある。
武器自体を強化することはできずMODをはめ込むくらいしかできない。
強い武器を手に入れるにはPVE+PVPエリアのダークゾーンで敵を倒したり運良くドロップ品を拾って入手するのが理想だが、味方エージェントを殺害して物資を盗むローグエージェントも徘徊しているので簡単にはいかない。

10レベルくらいまではミッションを追ったり各セーフエリアを解除していったりして飽きることはなかったが、どのミッションを選んでも展開がそれほど変わらず、ゲーム内に動的に起きる変化が少ないので、徐々に飽きてくる。

戦闘も武器での違いこそあるが、基本的にカバーに隠れながら銃撃するのは同じであり、兵科がなくスキルも微妙な効果の違いしかないのでプレイヤーは個性なく割と同じような戦いになる。

全体として没入感が高く遊びやすいカバーシューターだが、変化に乏しく飽きるもの早いといった印象。例えば街を移動しているときに突発的に緊急ミッションが入り近くの地点で偶然集まった仲間とミッションを遂行するといった動的なイベントも欲しかった。

更に、ストーリーミッションを終了後の導線が弱く、次にどうしていいか分からない。
最高レベル30到達というのはチュートリアル終了程度の意味しかなく、そこから装備のギアレベルをひたすら上げていくことになる。

基本的にはミッションをハードやヒロイックなどの高難度でリトライするか、ダークゾーンレベルを上げながらサプライドロップを狙うか、シーズンパスを購入しアンダーグラウンドのクエストを受けて地下に潜り続けるかになる。

アンダーグラウンドでは、ランダムな構造のダンジョンに潜りながら、敵の重要人物を倒したり、JTFの仲間を救助したり物資を破壊するなど与えられたミッションを遂行することになる。が、ダンジョンの構造は数パターンしかなくランダムというほどではないし、やることは敵の拠点に突入して倒して脱出することをひたすら回すを繰り返すことになる。さすがに、ダークゾーンのモラルハザードを繰り返すことはなく、アンダーグラウンドではマッチメイクCoopのみでPVPはない(Coopせずソロプレイも可能)。
アンダーグラウンドが最も効率よく高ギアの装備が入手できるのだが、エンドコンテンツとしてはやや寂しいものがある。

アンダーグラウンドは拠点にエレベーターがありアクセスするとシーズンパスを購入するとアクセス出来るようになります程度のメッセージしかなく、導線としてはほとんどない。シーズンパスを買って初めて中に入れるためゲーム側からの情報もなく、ストーリーが終わるとこのゲームを終了してしまう人が多い要因になってしまっていると思う。

ベータの段階では神ゲーのようにも思えたが残念な結果だった。

その他の評価点

[good]

  • 外観と装備が別枠になっているため好きな服を着用しながら装備も自由に選べる。
  • 課金で強武器の購入はできない。(課金では外観変更アイテムや制限エリアの侵入可能なコードを販売。)
  • カバーからカバーへの移動がスムーズにできる。(×ボタン押しっぱなし)
  • ローリング回避やパルクール的な移動もできる
  • ある程度オートエイムで照準を合わせてくれるのでコントローラー操作でも何とかなる。

[bad]

  • 外観アイテムは豊富にドロップするが武器や装備は基本弱いものしか落ちない。ダークゾーンではちょっと強いアイテムが手に入るが、そのアイテムを手に入れるにはそれよりグレードの高い装備が必要になり、入手できる頃には不要になっているバランスの悪さ。
  • キャラクリエイトのパターンが乏しい。
  • マップの大半の建物に入れない。入れる建物があってもアップグレード品や外観装備がたまに拾える程度で探索の楽しみは全くない。建物内に人物がいて突発的クエストが発生したりといったことは皆無。これに限らずゲーム内で「こんなイベントもあるのか!」といった驚きもない。
  • マップでの入手品がアップグレード品ばかり。
  • マップでの移動はファストトラベルを除けば徒歩のみ。ゲームとしての広さは実感できるが、実際を考えると徒歩で広大な各拠点を移動するのはどうなのか。
  • スキルの効果が微妙なものばかり。
  • レベルアップしてもステータスやHP、火力が上がるわけではなく、スキルもアンロックされないので、上位の武器が使えるようになるというだけなので強さを実感しづらい。
  • 敵が生身の人間なのにライフルやマシンガンの銃弾を何発撃ち込まれて死なず怯まずに向かってくる。難易度の高さが敵の固さ・HPの多さの方向にしかいっていない。レベルが上がるとただひたすらに敵が固くなるだけなのでうんざりする。
  • NPCの話す日本語訳がなぜか関西弁になっている。(英語ではそのようなイントネーションにはなっていない。)
  • スキル、PERKなどが余り整理されておらず雑然としており分かり辛い。
  • FPSにあるチーム戦やデスマッチなどのPVPのマッチングの仕組みがなくダークゾーンで偶発的に遭遇戦するだけなので盛り上がりに欠ける。
  • PVPはギアの火力と固さだけが必要となり立ち回りや連携などは重要ではない。(高ギアの一人に低ギアの4人が一方的にやられる。)
  • PVPエリアのダークゾーンでは高ギアのローグ数人が入り口に出待ちすることが多くまともなプレイが成り立たないことがある。これに限らずダークゾーンでは裏切り行為が平然とまかり通るカオスな状況であり、そのことを覚悟してプレイする必要がある。
  • マップに全てのミッションやクエストが表示されているので、マップ見て現地に行って銃撃戦して完了の繰り返しで作業感が強い。
  • カバーが多い割りに敵の感知能力が高いのでスニークプレイが難しい。
  • 高レベルの敵はヘッドショットしても怯みがなくこちらがライフルで応戦しているほどの遠距離からもマシンガンを的確に当ててくるなど反則的に強いため、プレイヤー側だけがまともにやっているのが馬鹿らしくなる。
  • レベルを上げてダークゾーンに挑んでもダークゾーンの敵も相対的に強くなる(こちらが1レベルなら1-3レベルの敵、こちらが20レベルなら19-21レベルの敵といった具合)ので、今より強くなってダークゾーンで無双するというモチベーションは不可能。
  • ゲームをログアウト後放置してPS4がスタンバイに入るとDELTAエラー(20010186)または(20010187)というエラーになることがある。
    このエラーコードになると、ゲームを起動できなくなるのだが、単にコードが表示されるだけで解決法も表示されない。
    ある程度自己調査出来る人でないとゲームを二度と起動できなくなる危険がある。
    自分はPS4版でDELTAエラー(20010187)になり、改善することが出来た。
    (Windows版ではコマンドプロンプトによるネットワークリスタートすると直るようだ。)

DELTAエラー(20010187)の改善方法

自分が解決した方法なので他の環境でも再現するかどうかは保障しません。

  1. PS4の「設定」から「初期値に戻す」を選択
  2. PS4再起動
  3. PS4の「アカウント管理」から「ライセンスを復旧する」を選択
  4. ディビジョンを起動する
SPONSORED LINK

この記事をシェアする