【PS4】【評価・感想】Fallout4 ゲームレビュー「圧倒的な面白さを持つサバイバルRPG 大量のバグにも悩まされる」

SPONSORED LINK

PS4のFallout4のゲームレビューを上げる。
プレイ状況は難易度Survivalでプレイしていたがパッチが当たりVeryHardに変更されてしまった。2016/11月時点でフラグエラーのため進行不可で停止中のため未クリア。

Fallout 4

Fallout 4

posted with amazlet at 16.11.05
ベセスダ・ソフトワークス (2015-12-17)
売り上げランキング: 319

SPONSORED LINK

レビュースコア

Fallout4 70点(/100点)

総評

これは不可思議な物語である。
200年の時を経て蘇った人。息子を奪われ冷凍睡眠から目覚めると、そこは、核で崩壊した世界だった。
荒れ果てたその世界で、しかし人々も、そして人でない物も生きていた。
出会いと別れを繰り返しながら、子供を取り返すために、あの時起こった真実を確かめるために、主人公は歩き出す。

今作はストーリーテリングが実に秀逸。ある人物を追うために細胞片から意識を追体験するシーンがあった。小説を映像で見ているような感覚に陥った。小説でもない、映画でもない、新しいSFの物語があった。

荒廃した世界に待ち受けるものとは

グラフィックは世界中にその名を知らしめた前作Fallout3からも比較にならないほど良くなっている。
筆者はガウスライフル使いだが、パワーアーマーとヌカランチャーで戦闘でも滅茶苦茶が出来る。
ワークショップでのクラフトも目玉の新要素の一つで、ハマる人は入れ込むだろう。

秀逸なPIP-BOYや武器のデザイン

パワーアーマーと主人公

V.A.T.Sで戦闘も楽々

Fallout3のいい点を伸ばした結果、欠点もほぼそのまま放置された。
とにかくバグが多い。
クエストフラグのバグやクエストの進行不可、オブジェクトでのスタック、コンパニオンの失踪などが頻繁に起きる。条件を一見満たしているのにクエストが達成にならない、などは日常茶飯事。

バグの発生で異世界に

自分が今はまっており、進行不可能になっているのは、後半のクエスト「Underground Undercover」で、このクエストでも一連のフラグのかなり後半に、「ある組織の拠点の位置がばれたので警告する」ことが、対象人物に話しかけても「警告する」といった選択肢が出ず、それ以上クエストが進めない状態になっている。
そして状況的にはその組織を存続させるか壊滅させるかという状況であり、心情的に壊滅をさせたくないので、事実上これ以上メインストーリーを進められない状態になっている。

このバグはアップデート1.02で修正履歴に修正済みとして載っているが、最新バージョンでも発生している。
一度フィックスしたバグが「直される」ことは普通ない。よって今後「修正される」ことはまずないだろう。
他の選択肢でストーリーを進めることも出来るが、それは本意ではないので俺のFallout4はこれで終了するかもしれない。

他にも、序盤のミニッツメンのストーリーもNPCが反応せず進まなかった。購入して直ぐバグを確認して、放置したまま進めたのだが、1年近く経った16年11月現在でもミニッツメンのクエストを進めることが出来ない。恐らくこうしたフラグ処理バグは無数に存在すると思われる。

こういったフラグバグはこのゲームでは頻繁に起こるので、進行不能を防ぐため、頻繁にセーブしないといけないが、セーブ枠は直ぐに上限に達して、既存のセーブを消してセーブ枠を開けないといけないが、操作ミスを誘発しやすいので注意しないといけない。セーブ枠の削除操作は、「ロード⇒削除⇒削除するセーブを選ぶ」というやり方で、これに関する説明もなく、画面下の「■ボタンに削除」という表示があるのみで間違って消してしまい兼ねない。

面白さと欠点を清濁併せ飲み込んで、FalloutはやはりFalloutであった。

その他の評価点

[good]

  • 色々な戦術が取れる。扉の前に地雷を撒いておき、仲間を敵の正面の視界に入るように配置させて敵が扉を開けたら地雷起爆、仲間がデコイになり交戦している間に自分は死角から敵を狙い撃つなど。
  • 建物や地形が起伏に富み、本当の廃墟を探索しているように感じる。建物はほとんどががれきと廃墟で中にはレイダーやスーパーミュータントなどが拠点にしている場所もあり、一種のダンジョンのようになっているが、それらが全て違う構造をしており、ゲームとは思えないほど起伏や変化を感じさせる。
  • ドラゴンエイジのお家芸のようになってしまったが、キャラクター同士の恋愛要素があり、同性の恋愛も可能。(人によっては鬱陶しいかも。)
  • 戦闘も叙情的な場面もシーンに合った素晴らしいBGMが雰囲気を盛り上げる。
  • ワークショップでフォールアウト世界をカスタマイズ出来る。
  • PIP-BOYという『ハンドヘルドコンピュータ』でPCを管理するというアイデア。
  • PIP-BOYのインタフェースの素晴らしさ。
  • マップが広い。
  • 武器、防具、アイテムの種類が多い。落ちているアイテムほぼ全てにアクセス出来る。武器や防具をクラフト出来る。武器や防具を装備して見た目が変わる。
  • V.A.T.S.のアイデアが素晴らしく、FPSでもなくコマンドバトルでもない独特の戦闘となっている。
  • 前作は武器を使い続けてコンディションが減り二個一で修復する必要があり煩わしかったが、今作では必要なくなっている。
  • DLCによる世界観とプレイの拡張。

[bad]

  • バグが異常に多い。フラグ処理バグ、オブジェクトスタック、NPC行方不明など挙げればきりがない。アップデート履歴に載っている修正された筈のフラグバグすら残っていてゲームが進まない。
  • 製品スケジュールに乗っているのでDLCの開発をする必要がある事情は分かるが、製品にバグを残したままDLCがどんどん出てしまう状況。自分はFallout3からバグが多いソフトということを知っていて覚悟して買ったので諦めも付くが、人気タイトルということで不安定なソフトを買わされてしまう層は気の毒だ。
  • NPCのアルゴリズム、AIが杜撰。
  • ワークショップで建物や地形をカスタマイズしても自己満足に終わり、システムや世界観との連携が何もない。
  • レイダーやガンナー、スーパーミュータントなどの台詞がどこにいっても同じ。
  • マップは広いが、敵のいない建物、イベントのない建物はほとんど入り口がふさがれていて入れない。
  • 主人公の設定がほぼ固定。(冒頭で子供を誘拐される父または母どちらか。)導入部があるため仕方ないとはいえ自由な設定でやれた3よりも退化している。
SPONSORED LINK

この記事をシェアする