Amazon Dash Button のインプレ「ガジェット好き向けの商品であり普段使いの人には不要」

SPONSORED LINK

ボタンを押すだけで商品の注文が可能なAmazon Dash Buttonがアマゾンから販売開始になりました。
商品説明から概要、使用判断、問題点などをインプレします。

サントリー天然水 Dash Button
Amazon (2016-12-05)
売り上げランキング: 1

SPONSORED LINK

Amazon Dash Button 概要

ボタンを押すだけでAmazonへの注文が発注可能。
商品を補充したいときにボタンを押せば、アプリに連動して商品が注文され届くという仕組み。
セットアップはWi-fi接続、Amazonアプリで設定、ダッシュボタン設置。
ダッシュボタンの裏側にフックがあり洗濯機や冷蔵庫など取り付けた表面に吸着するようになっているようだ。
ボタンを何回押しても商品が届くまで重複注文は防止するので意図しない多重注文を防げる。
右側にインジケーターがあり、緑色は注文処理、赤色は注文が失敗。
詳細はボタンでは確認出来ず、Amazonアプリから確認することになる。
価格は500円で初回注文のみ500円引きなので実質無料。購入はプライム会員のみ可能。

実際どうなのか・問題点などは

ヘビーユーザーには逆に面倒な商品

現状、Amazonで恒常的に商品を発注、購入している人には不要かと思う。
同じ商品を繰り返し発注する日用品の場合、それぞれのボタン、例えば洗剤とシャンプーと水とティッシュを、それぞれに対応したボタンを一つずつ押さないと注文出来ない。
普段からAmazonを利用しているならWEBでの注文で一回で処理することに慣れているはず。よって、ヘビーユーザーほど購入には向いていない。

複数注文にはどのように対応しているのか

複数注文防止用の機能が付いているため、連打しても商品が届くまでは新たな注文が出来ないようになっている。しかし、逆に言えばボタンを複数回押しても複数個の注文が出来ないようになっているということでもある。
製品を見る限り、注文数量を入力する部分もない。
日用品用の製品なので、例えば水を毎月10本購入するといった複数発注は普通に想定されると思うが、どうやって数量を入力すればいいのか。
ダッシュボタンのボタンを押してから、Amazonアプリで数量を調整するのか。
であれば、最初からアプリで注文すればいいのではと思える。

高齢者ユーザー向けですらない

では、ネットに詳しくない高齢者などのユーザー向けの商品なのか。
セットアップには、Wi-fi接続とアプリの設定や確認が必要で、その部分をクリアする必要がある。
よってAmazonがダッシュボタンのセットアップに伺います、ヘルプにも電話でコール頂いてすぐ駆けつけます、というくらいでないと、ネットに詳しくない高齢の方などには直ぐに使うことは出来ない。

自分が親の実家などのために買うかというと、微妙だ。親に言っても、日用品はコンビニやドラッグストアで買うというだろうし、そんなボタン置かれても壊れたらどうすればいいのかという話になるし、結局使わないから要らないと言われると思う。

ボタンが壊れたときはどうするのか。Amazonにはチャットなどですぐつながるけど、ボタンを一度購入したら再発送してもらえるのか。
ボタンの保障は家電並みにやってもらえるのか。

運送業者に益々負担が増えることも懸念

また、安易にボタンを押すことで注文が増え、ただでさえ運送業務が圧迫されている現状、益々負担がかからないかと心配だ。
佐川がAmazonの配送から手を引いたことで主にAmazonの配送をヤマト運輸が手がけているが高齢ドライバーが過重労働から事故を起こしたりといったことが相次いでいる。
必要もない部分で注文を安易にすることで事故の可能性を増やし、そのリスクを負うのは結局自分たちになる。

使用判断

人によると思いますが自分は使用ありません。普段からWEBで注文しているやり方で問題を感じていないので。
ネットに詳しくない高齢者向けの商品でもありません。どちらかというとその逆でガジェット好きのアーリーアダプター向けの商品です。

  • ボタンと商品が1対1で対応しているので普段からAmazonを利用するユーザーほど使い勝手が悪い。
  • Wi-fi接続とアプリの設定・確認が必要なのでネットを日常的に利用していないと敷居が高い。

Amazonらしい尖った商品なのは確か

機能としては微妙だが、Amazonにしか出来ないアグレッシブな商品なので、そこは素晴らしいと思う。
こういう商品が出てきて、Iot時代がもう側に来ていると感じた。

SPONSORED LINK

この記事をシェアする