OneNote2013でファイルの印刷イメージから挿入が出来ない場合の解決法

SPONSORED LINK

OneNote2013のファイル印刷イメージが今まで出来ていたのですが、PCを変更してから出来なくなっていた件で、困っていたのですが、OneNoteからプリンターを設定すると出来るようになったので、情報をシェアします。
環境はWindows7SP1 Office2013(Onenote2013)です。
実行される際は自己責任でお願いします。


SPONSORED LINK

ファイルの印刷イメージについて

OneNote2013ではファイルの印刷イメージの挿入とExcelのスプレッドシート挿入という二つの便利な機能があります。

ファイルの印刷イメージを挿入するとファイルの添付とは違い、最初からファイルの内容が印刷したようなイメージで表示されているのでいちいち添付ファイルを開く必要がなく便利です。

印刷イメージの挿入
挿入は[挿入>ファイルの印刷イメージ]から行います。
画面では銀行の帳票PDFを挿入しようとしています。

OneNoteにPDFが挿入された所

このようにファイルを印刷イメージで挿入すると中身を開かなくても確認出来るので非常に便利です。
ただ、PCを変えた後から何故か出来なくなってしまい、「Microsoft XML Paper Specification Essentials Packをインストールして下さい」というようなメッセージが出てMicrosoftのページに飛ばされるがMSIなどをダウンロードしてもOSが合わないためインストールに失敗して終了という状態になり諦めていました。

しかし情報を集めるとOneNoteにドライバーが設定されていないだけのようなので、設定したところ上記のように印刷イメージが挿入出来ました。
やり方は非常に簡単で、プリンタードライバーを設定するだけですが、物理プリンターは必要ありません。

OneNoteにプリンタードライバーを設定する

OneNoteの印刷から印刷を選択
プリンターの追加をダブルクリック

もしプリンターの追加画面が出ない場合は、プリンタースプーラーのサービスが無効になっている可能性がある。
コントロールパネル>システムとセキュリティ>管理ツール>サービス>Print Spoolerを確認。
サービスの状態が停止の場合は開始に変更する。
スタートアップの種類が手動や無効なら自動に変更する。

ローカルプリンターの追加をクリック

既存のポートを使用を選択、XPSPortを選択

製造元をMicrosoftに合わせ、プリンターに「Send to Microsoft OneNote 15 Driver」を選択

現在インストールされているドライバーを使うを選択

上記でインストール終了
再びOneNoteの印刷を見るとプリンターの選択にSend to Microsoft OneNote 15 Driverが入っていればOK

The following two tabs change content below.
SPONSORED LINK

この記事をシェアする