【PS4】Bloodborne The Old Hunters攻略 ゴースの遺子(動画あり)

SPONSORED LINK
【PS4】Bloodborne The Old Hunters Edition 初回限定版
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2015-12-03)
売り上げランキング: 2,188

DLC『The Old Hunters』エリアボス・ゴースの遺子をソロ攻略したので、今更ですが攻略法などアップします。
攻略時レベルは248、通常エリアは4周目、DLCエリアは1周目です。
ネタバレあり。

攻略動画


場所

漁村の小屋の灯りに出て(外から事前に扉を開けておく)EVで下に下り、土下座しているような格好の信者が大量にいる通路を通った奥の浜辺

古狩人の呼び出し

呼び出しポイントがないためソロで戦いました。(フラグの状態によってはあるかもしれません。)

適正レベル

ルドウイークを倒していれば問題ないだろう。

攻撃パターンと対処

第1段階

  • ダッシュから武器振り上げアッパー
  • ジャンプから武器叩きつけ
  • 腕を引いて少し溜めた後に振り回して範囲攻撃2回
  • 武器をいじった後地面から衝撃波
  • 武器をいじった後ボールのように投擲

上記のような攻撃があるが、攻撃前のモーションが特徴的なのでどういう攻撃をしてくるかは分かり易い。モーションを見て判断して間合いを調節して回避する。
追撃は浅めにして反撃を最小限に抑える。
ボールを投げてくる攻撃は、早めによける必要があるが、浜辺の中央にある上位者ゴースの遺骸(白い色のオブジェクト)を間に挟んでいれば防げる。

攻撃ポイント
開幕ダッシュ攻撃には銃パリィが入る。

ゴースの遺子がジャンプして叩きつけをする時に相手とすれ違うようにして前に出ながら回避する。その後に隙があるので攻撃を入れる。

<敵のジャンプとすれ違うようにして前に出て回避>
ゴースの遺子   ↑
↓      自分

銃パリィはゴースの遺子が近い距離で攻撃してくるときに振り被るタイミングで当たる。
但し、右手攻撃の時と両手攻撃の時でタイミングが違う。
右手攻撃の時は通常の銃パリィのタイミングで入る。
両手攻撃の時はギリギリまで引き付けて撃たないと攻撃が入らない。
倒す確率を上げるには右手と両手どちらのタイミングで入るかについても完璧に把握したい。

基本的には離れると間合いの広い攻撃を出してくるので、距離を縮めた方がよい。
こちらの攻撃が当たるインファイトの間合いを保つ。
ジャンプ攻撃の時に前に出ながら攻撃を当てる。
敵の大振りの隙に裏回りしながら攻撃を当てる。
銃パリィのタイミングで攻撃を当てる。
これらの攻撃を入れていく。

第2段階

変身して翼を出す。変身直後にオーラのようなものが出ている間はこちらがダメージを負うが、その後硬直時間があるので溜め攻撃から内臓攻撃が入る。
変身して直後の攻撃が地面からの衝撃波が多いので、この時も裏回りして攻撃を当てることが出来る。
この後上空に舞い上がって急降下攻撃をしてくる。

攻撃ポイント
第2段階以降は動きが早く見切って攻撃を入れ辛いので、運ゲー要素が強くなる。
ゴースの遺子は飛び上がって飛び道具を撒いてくるか、急降下して攻撃した後、滅茶苦茶に武器を振り回してくる。武器を振り回した後は隙が出来るので、この時に攻撃を当てる。

第3段階

雷光攻撃が追加される。このためカレル文字で雷光防御を高めておきたい。それ以外はほぼ第2段階と同じ。

倒した後

  • 灯りを灯せば目覚めの場所に「海岸」が追加される。
  • 武器「ゴースの寄生虫」を入手する。

動画の補足

このテイクでは上手くいきましたが、基本運ゲーだと思います。
それでもこのクラスの強敵と戦うためには戦闘プランは必要です。
自分が戦う前に考えていたことは以下です。

防具は重打と血の攻撃に強い装備を選択。
武器は慣れているルドウイークの聖剣。
第1段階では隙の少なく銃が撃てる片手形態で戦う。
第2段階ではダメージの大きい両手形態で戦う。
カレル文字の一つは雷光防御を選択しておく。

第1段階では相手の飛び道具を防ぐため浜の中央にある上位者ゴースの遺骸を挟んで戦う。
第1段階は動きがそれほど早くないので狩人の古い遺骨を使う必要はない。
攻撃はゴースの遺子がジャンプしてきた時にすれ違いながら裏回りしての攻撃や銃パリィを入れて削る。
また、炎攻撃を入れるため第1段階の時に油を当てておく。(これは中々上手くいかなくて壷を何回も外してしまいました。)

相手の体力が半分近くなったら変身に備えて準備を開始する。

  • 変身が開始したら直ぐに溜め攻撃を出来るように近付いておく。
  • 発火ヤスリを使用する。(内臓攻撃の時に炎攻撃も付加させる)
  • 事前に血で水銀弾も補充しておく。

変身した後の硬直時間中に後ろに回って溜め攻撃を開始する。
溜め攻撃は片手の方が短時間で発動するので片手で行う。
溜め攻撃が入ったら内臓攻撃へとつなげ、直ぐに両手剣に形態を変更。

変身後、第2段階からはゴースの遺子のスピードと攻撃速度が速くなり見切りが難しくなるが、狩人の古い遺骨を使い、落ち着いて裏回りしながらダメージを与えていく。
正対するとあっという間に大ダメージを受けるので、銃パリィを当てる自信がなければ正対してはならない。

ある程度ダメージを与えると、飛び道具や電気フィールドを発生してくる。
飛び道具や電気のダメージを防ぐために、海の中に入って戦う。
動画では向かって右側の海へ誘い込んでいる。
これは、片側からの攻撃を防ぐためと、狭い地域でインファイトに持ち込むため。
狩人の古い遺骨を使いながら高速移動しつつ、相手の裏に回ったり、攻撃後の隙に剣を当てて行く。

第2段階以降は相手の攻撃の回避後にチャンスがあるので、狩人の古い遺骨での機動力が鍵になる。
このため、銃弾については第2段階まで温存しておきたい。当然、血による水銀弾補充も行う。

「後少しのダメージを与えれば勝てる」という状況で体力回復を怠って死ぬということがあるため、勝てそうになっても、焦らず体力回復を優先させる。

SPONSORED LINK

この記事をシェアする