【PS4】ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 体験版レビュー「異彩を放つ学園デスゲームのシリーズ最新作 ミニゲームには不要感も」

PS4とPlayStation Vitaで2017年1月12日発売予定の『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』の体験版をプレイしたのでインプレを掲載します。

レビューというよりも、どちらかというと『ダンガンロンパ』シリーズ初プレイの筆者がシリーズに対する初見インプレを書いている体裁に近いです。
一応購入判断は書いていますが、飽くまで筆者個人の見解なので参考程度に見て下さい。
(※記事文中にネタバレがあります。ネタバレを避けたい方はこの記事を見ないようお願いします。)

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4
スパイク・チュンソフト (2017-01-12)
売り上げランキング: 5
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS Vita
スパイク・チュンソフト (2017-01-12)
売り上げランキング: 2

SPONSORED LINK

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

ゲームとしてはシリーズ作品になるが、筆者はこれがシリーズ初プレイとなる。
第1作は『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』がPSPで2010年に発売。その後、約1年に1本のペースで新作がリリースされている。
『ニューダンガンロンパV3』はコンシューマ機のシリーズでは6作目ということになる。
また、筆者は未見だが2013年にアニメーション化もされている。

ダンガンロンパ シリーズ作品(コンシューマ機)

発売日 発売機種 タイトル
2010年11月25日 PlayStation Portable ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
2012年7月26日 PlayStation Portable スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園
2013年10月10日 PlayStation Vita ダンガンロンパ1・2 Reload
2014年9月25日 PlayStation Vita 絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode
2016年10月13日 PlayStation 4 サイバーダンガンロンパVR 学級裁判
2017年1月12日 PlayStation 4/PlayStation Vita ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期

デスゲームのフォーマットとニューダンガンロンパ

『ニューダンガンロンパV3』は推理ゲームや推理アドベンチャーのカテゴリーのゲームになる。
筆者は『クロス探偵物語』や『かまいたちの夜』のような本格ミステリテイストの推理・アドベンチャーゲームが好きだが、最近ではそれほどこうした分野のゲームはプレイしていない。
その理由はPS4であればFPS、TPS、アクションゲームが主流で、推理ゲームの数が多くないという事情もある。
実数は分からないが、開発会社から見るとハードの性能を追求したゲームを考えると、静的なアドベンチャーよりも動的なアクションやオープンワールドの比重が高くなるのではないかと思われる。
売っているゲームの弾自体が少ないので、ユーザー側がプレイしたいと思っていても出来ないのだ。
逆に、『ダンガンロンパ』はそうした市場でのアドベンチャー、推理ゲームの少なさという背景が有利に働く部分はあると思う。

クロス探偵物語

『クロス探偵物語~もつれた7つのラビリンス~』は、ワークジャムが開発し、デジタル・トウキョー、プランプランから発売されたセガサターン用ゲームソフト。後にプレイステーション用ゲームソフト『クロス探偵物語』として再発売され、その際に副題は削除された。

引用元:クロス探偵物語 – Google 検索

クロス探偵物語1 前編

クロス探偵物語1 前編

posted with amazlet at 17.01.10
ワークジャム (2000-09-28)
売り上げランキング: 20,504

かまいたちの夜

『かまいたちの夜』は、チュンソフトから発売されたゲームソフト。『弟切草』に続く同社のサウンドノベルシリーズ第2弾である。 1994年11月25日にスーパーファミコン用ゲームソフトとして発売され、その後数多くの機種に移植された。
初リリース日: 1994年11月25日
デザイナー: 中村光一
プラットフォーム: スーパーファミコン、 PlayStation、 Android、 携帯電話、 iOS、 ゲームボーイアドバンス、 Wii、 ウェブブラウザ、 PlayStation Vita
開発元: チュンソフト、 スパイク・チュンソフト
販売元: チュンソフト、 Aksys Games

引用元:かまいたちの夜 – Google 検索

ダンガンロンパシリーズはスパイク・チュンソフトが開発・販売しているが、ヒット作となったサウンドノベル『かまいたちの夜』を旧チュンソフトが開発していることもあり、アドベンチャー、推理ゲームに関しては業界でも一日の長がある。

[インプレ]ニューダンガンロンパV3

プレイ時間:1時間

実際に『ニューダンガンロンパV3』体験版を終了までプレイした印象を順に述べる。
まず、このゲームからは「デスゲーム」というキーワードが挙げられると思う。
「デスゲーム」は2000年前後から2010年くらいまで日本でも流行ったジャンルである特定状況に登場人物たちが強制的に参加させられ、或いは建物に閉じ込められ、そのゲームの参加やクリアを余儀なくさせられる過程を描くものだ。

デスゲーム

主に何らかの理由によって集められた登場人物たちが主催者から提示されたゲームに挑むというスタイルである。ゲームには危険を伴うことが多く、場合によっては名前の通り死を迎える可能性もある。
緊張感とサスペンスが同時に味わえるため古くから存在しているジャンルではあるが、ゲームの性質上ルールの整合性が取れていない場合酷評される場合がある。しかし、それらの穴を逆手に取ってトリックに用いる場合もある。また、映像作品にする場合は大規模なロケを必要とせず、スタジオ内で小さなセットを組むだけで作れることから低コストで撮影できるため近年ではデス・ゲームの実写化も多い。

引用元:デス・ゲーム – Wikipedia

外国だと映画の『キューブ(1997年カナダ映画)』、日本だと『バトル・ロワイアル(高見広春著 1999年刊行)』辺りがデスゲーム系の作品として有名だ。

CUBE

CUBE [DVD]

CUBE [DVD]

posted with amazlet at 17.01.10
ポニーキャニオン (1999-03-17)
売り上げランキング: 23,716

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル

posted with amazlet at 17.01.10
高見 広春
太田出版
売り上げランキング: 22,228


クローズド・サークル

クローズド・サークル(closed circle)とは、ミステリ用語としては、何らかの事情で外界との往来が断たれた状況、あるいはそうした状況下でおこる事件を扱った作品を指す。
過去の代表例から、「吹雪の山荘もの」「嵐の孤島もの[1]」の様にも呼ばれる。クローズド・サークルは「密室もの」ではあるが、部屋・家といった狭い舞台ではなく、災害にあった孤島・雪山などの「広義の密室」を舞台にした作品の場合を指すことが多い。

引用元:クローズド・サークル – Wikipedia

「クローズド・サークル」については雪山の山荘もの、嵐の孤島ものを始め、数々の作品が存在し、枚挙に暇がない。『かまいたちの夜』についてもミステリ編は雪山山荘ものフォーマットである。

『バトル・ロワイアル』は深作欣二監督、出演にビートたけしらを迎えた映画がヒットした。
その後デスゲーム系のメディア作品は多種多様な設定のものが作られていたが、2010年頃から徐々に下火になっていったように思う。
『ダンガンロンパ』ではそうした下火になった時期に第1作を発売。以後デスゲーム系の作品が少なくなる中、シリーズを紡いできた数少ない作品ということになる。

実際、この種類のシリーズ化されたゲームでは国内では『ダンガンロンパシリーズ』を除けば脱出ゲーム寄りとはいえ、『極限脱出シリーズ』くらいしか思い浮かばない。極限脱出シリーズについても、スパイク・チュンソフトが手掛けている。
極限脱出シリーズ – Wikipedia

キーワードでも挙げたように大抵のデスゲームでは脱出や生還が一つの目的になる。
閉鎖空間での人殺しも許容されるルールの極限状況の中、人々は疑心暗鬼に陥り、或いは協力して脱出を目指す。
それがデスゲームの一つの様式であり、閉鎖空間からの脱出が特にクローズアップされる場合は「脱出ゲーム」であるとも言える。

『ニューダンガンロンパV3』でもその例に漏れず、主人公の女子高生は気付くとある建物の校舎に閉じ込められ「コロシアイ」と呼ばれるゲームに強制的に参加させられる。
校舎には超高校級という肩書きを持つ生徒が何人も閉じ込められている。
実は主人公も超高校級という設定になっている。

デスゲーム「コロシアイ」に参加させられる主人公・赤松楓(アカマツカエデ)ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

超高校級という設定についても『バトル・ロワイアル』を想起させる。
『バトル・ロワイアル』では「プログラム」で生存するため、高校生にしては能力や戦闘力が高すぎる超人クラスの学生が川田や桐山、三村を始め何人も登場していた。
ゲームの主催者側から見ると、殺人等を前提とした過酷なルール設定上、通常の高校生レベルでは「ゲーム」にならないため、通常を逸脱したレベルの人間を集めてくる、というのは道理に適ったものであり、多くのデスゲームの登場人物は知能・推理力、戦闘力、ハッキングや情報処理能力といった分野で一般人を大きく超えた能力者が登場する。小説や映画として見ても超人的能力を持つ登場人物が難関をその能力で突破していくのはカタルシスを得られるものである。
但し、『ニューダンガンロンパV3』で集められるのは、「超高校級の昆虫博士」「超高校級のメイド」といった一見、戦闘や生存に何の関係もなさそうなものとなっているのは通常のデスゲームにない特色だろう。

『ニューダンガンロンパV3』の学園には奇妙なルールが設定されている。
殺人をして学級裁判で他の生徒を欺き、ばれなければ晴れて卒業。
クロが犯人として当てられた場合はクロにおしおきがされ、クロを逃がしてしまった場合はそれ以外の全員におしおきがされる。
自分が殺人をしなくては卒業出来ないが、殺人をしなくてもおしおきを回避するためには証拠を集め、裁判でクロを犯人として立証しなければならない。

異様な存在感を主張するキャラクターとUI

建物内では主人公は移動する事は出来るが、アドベンチャー的に場所が移り変わるのでなく、ダンジョンの中を移動するように一歩一歩移動していくスタイルになっている。
画面にあるモノを調べたり人に話しかけたり出来る。

机を調べると手紙が見つかったニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

途中、廊下などに他の生徒のキャラクターが立っている場面に遭遇する。
生徒は固定の立ち絵が表示され、動いたりすることはない。
生徒に話しかけることは出来るが、奇天烈な風貌のキャラクターがただ突っ立っているのは結構不気味だ。

移動画面はダンジョンRPGのようなスタイルニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

道中で会う人物 カーソルを合わせると話すことが出来るニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

風貌だけでなく、大抵の生徒は超高校級というだけあり、まともな会話が成り立つ人物は少なく、心細い主人公の相談に乗ってもらえそうなのは、過去シリーズの主人公を努めた男子二人だけだ。

主人公をサポートするのは、シリーズ過去作の主人公・苗木誠(ナエギマコト)と日向創(ヒナタハジメ)の二人
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

キャラクターイラストは線が太くかなりインパクトがあり、世界観の不気味さや不条理を助長している。キャラクターだけでなく、UI(インタフェース)や演出も異様な存在感を主張している。

奇妙なキャラクターが数多く登場するニューダンガンロンパV3ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4
デスゲーム系の世界なので誘拐や監禁、殺人といった設定も仕方ない*1が、こうした印象を和らげるため狂言回しとして学園長のモノクマというゆるキャラが設定されている。
モノクマは『バトル・ロワイアル』でいえば坂持金発、映画ではビートたけし(キタノ)の役どころになる。
生徒たちにルールを提示し、戦いを嗾け、敗者に罰を与えるのがモノクマ*2だ。

学園長のゆるキャラ(?)モノクマニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

学級裁判では推理アドベンチャーというよりミニゲームが主体

校舎の中を回って生徒に話を聞いていったり、探索を進めていくと殺人が起きて、一定時間経過後、学級裁判が始まる。
裁判を有利に進めるため、捜査や聞き込みで証拠をつかみたい所だが、時間が経過すると強制的に裁判が始まってしまう。

殺人事件が発生!
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

捜査や聞き込みをするが、裁判までの時間が迫るニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

学級裁判では殺人現場や凶器、各人のアリバイの確認とミステリゲームの様式に沿った展開も行われるが、『ニューダンガンロンパV3』ではその後に行われるミニゲームがメインと呼べるかもしれない。

学級裁判の開始前にスキルセットや証拠の確認などで準備することが出来る
いよいよ裁判へニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

裁判では複数のミニゲームで自分の集めた証拠を提示したり発言をすることで、裁判の後に行われる多数決で、殺人を犯し嘘を吐いている「クロ」を指摘するのが目的となる。(体験版では多数決まではプレイ出来ない。)
最初に、相手の発言を文字通り「撃ち」論理的な矛盾を突くシューティング的なミニゲーム「ノンストップ議論」が始まる。

ノンストップ議論 黄色のウィークポイントを「コトダマ」の弾丸で撃ち落とすウィークポイントをブレイクした瞬間ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

ミニゲームは学級裁判の中だけでも幾つかの種類があり、相手の発言の矛盾を突き自分の無実を晴らしたり、犯人を探るという形式になっている。
これが「ダンガンロンパ」というタイトルの由来になっているのではと思う。
学級裁判はミニゲームが主体となっている。ミステリゲームにおける一般的な推理や犯人当てのシークエンスとはかけ離れている。

裁判で行われるミニゲームの一例

発掘イマジネーションで凶器を推理するニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

複数の意見が乱れ飛ぶパニック議論
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

嘘の発言をして味方を擁護するノンストップ議論嘘
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4
物事の繋がりを推理するブレインドライブ
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

道路に散らばった言葉を拾い集めて疑問を完成させて選択肢を選ぶニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

ミニゲームは必要なのか

ゲーム内ゲーム、ミニゲーム、或いはQTEについては、様々なゲームでそれが導入されており、例えば人気タイトル『龍が如く』シリーズでもゲーム中多数のミニゲームがあるが、これは無理にやらなくてもよく、基本的に枝葉の部分になっている。
街を散策してゲーセンや賭場でミニゲームに興じるというレベルになる。ゲーム内キャバクラ経営という例外もあるにはあるが、基本的には本筋とは無関係に楽しめる内容がミニゲームだ。

しかし『ニューダンガンロンパV3』では、ミニゲームをクリアしていかないと裁判に勝つことが出来ないのでミニゲームでも手を抜けない。
ミニゲームの一つ「ブレインドライブ」では、一昔前のレースゲームのような画面でドライブし言葉を拾い集めて正しい選択を導き出すという仕様だが、推理や相手の発言の矛盾を突く段階でレースゲームを持ち出す必要性を全く感じなかった。

筆者はミニゲームについては、どちらかというと否定的であると思う。『龍が如く』くらいミニゲームも本格的に遊べるレベルであれば例外だがそこまで作り込んでいるゲームは少ない。
QTEに関しても導入しているゲームの評価は大抵低くなる。

例えば、今プレイしている『ウォッチドッグス2』では、シームレスにオンラインプレイが行われており、オンライン上のプレイヤーがこちらの世界に侵入してきてハッキングと阻止する側に分かれ、車で逃げる相手を車で追うという展開も有り得るが、これはミニゲームとしては捉えていない。マップ上で起こるシームレスなオンラインイベントでの敵対プレイの一種になると思っている。
同じように見えるレースゲームの体裁でも、こうした違いがある。

『ウォッチドッグス2』にはミニゲームはないのかというと、実はミッションで頻繁に登場するネットワークパズルが正に、ミニゲームとなっている。
ネットワークパズル自体は前作『ウォッチドッグス』からあったものだが、前作から大きく仕様の変更はない。
このノードを矢印で設定してノード間を線で結ぶという作業はパズルとしての面白みがない。
筆者はサーバーやルーター等のネットワーク機器の設定も仕事で行うことがあるが、実際のネットワーク設定の方が遥かに面白い。
単身敵対組織の建物に侵入してネットワークにハッキングをかけ、情報を盗み出す。これをウォッチドッグスではネットワークパズルで表現しているのだが、それっぽいというだけで雰囲気ゲーの部分を助長してしまっている。
実際にあるネットワークシミュレータなどを簡略化してもっとそれっぽくゲームに落とし込めなかったのだろうか。
『ウォッチドッグス2』は全体として見ればかなり面白い良ゲームだが、こうした点は残念な部分である。

不条理といえば不条理だが、「ブレインドライブ」で感じる不条理は、主人公が感じている世界への不条理をプレイヤーが追体験しているのではなく、主人公の脳内世界の出来事がレースゲームという形で提示され、プレイヤーはミニゲームをクリアしないと先に進めないので否応にも参加させられている形になっている。
また、画面的にも、据え置き機のコンシューマーで大画面でプレイするゲームの画面としては映えない。

その後、体験版は終了。体験版では学級裁判の途中で終わり、多数決で真犯人を指摘することは出来ずに終わった。本編は製品版を購入してからということになる。
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

購入判断

『ニューダンガンロンパV3』体験版をプレイして筆者には面白いと感じる部分が少なかったので、購入は見送りです。
今回は初めてシリーズ体験版をプレイしましたが、今後大きく仕様が変わる事がなければ、ゲームを購入する事はないでしょう。

この世界観やキャラクター、UI、演出の濃さが好きな人はシリーズを継続して買っているだろうし、そうでない人は敬遠しているだろう。好き嫌いがはっきり分かれるゲームという印象もある。
ただ、現在のゲーム市場では数少ない推理系アドベンチャーとなるので、シリーズ作品としては健闘してもらいたいと思う。

*1:本作品はCERO:D(17才以上対象)

*2:モノクマ役は大山のぶ代さんが声を当てていたが、2014年の『チェインクロニクル』を最後に『ニューダンガンロンパV3』からはTARAKOに代わっている。

SPONSORED LINK