WordPress移行計画 テスト用独自ドメイン取得からはてなブログサブブログ設定まで

https://s.w.org/about/images/logos/wordpress-logo-stacked-rgb.png
(画像掲載元:https://s.w.org/

はてなブログProからWordpressへの移行について作業経過をこちらでエントリーに書いていきます。

前回まではこちらへ。(下にいくほど最新)

はてなブログProからWordPressへの移行失敗 移行作業で起きた問題の検証と今後の方針(解決事項追記あり)

はてなブログProからWordPressへの移行前に必要な準備作業と今後の方針を確定


SPONSORED LINK

目標:Wordpressでテスト用に使うドメインの取得とテスト用サイトの立ち上げ

作業内容

  1. 独自ドメイン取得
  2. はてなブログサブブログ立ち上げ、独自ドメイン化
  3. レンタルサーバー仮契約
  4. レンタルサーバーのドメイン設定
  5. レンタルサーバーにWordpressインストール
  6. サブブログからWordpressへ記事移行、画像表示テストなど

今回のエントリーは1と2の内容です。

独自ドメイン取得はムームードメインでこのブログの独自ドメインである「varis.jp」を登録しているので、同様にムームードメインで契約します。
その方が支払い的にもカード登録しているため手間が少ないことと、コントロールパネルの使い方など勝手を知っているためです。

テスト用ドメインは「vrswp.jp」を登録しました。
これは記事データの移行時の置換がある場合に備えて本ドメインと文字数を同じにしたい、置換を最小限にするためJPドメインの部分については同じJPにする(少し高いが)ということなどを考えて決めました。
また、この後このドメインはどうなるか分からないため、test1234のような適当な名前にはせず、サイト用に使ってもおかしくない名前にしておきます。

このテスト用ドメインの使い方は二つあり、

  1. はてなブログサブブログの独自ドメイン化に割り当て、レンタルサーバー側Wordpressにドメインを設定したときの挙動をシミュレート
  2. レンタルサーバー側Wordpressにて独自ドメインでwww.vrswp.jpでサイト立ち上げ後、www.varis.jpのこのブログの記事データをwww.vrswp.jp側でインポートして修正し、見た目を確認する。
  3. www.varis.jpの記事修正がwww.vrswp.jp側で完了したら、www.varis.jpドメインでWordpressサイトを立ち上げ、www.vrswp.jpでエクスポートした記事データ(修正済みの記事データ)をインポートする。

こうすれば、www.varis.jpをはてなブログで稼動させながら、www.vrswp.jpのWordpress側でじっくりと記事の修正に時間をかけられ、かつwww.varis.jpのWordpressサイトを立ち上げる時も修正済みの記事データで直ぐにサイト立ち上げが出来るという旨みがある。

というか、現行サイトを存続させながら移行に必要になる記事データの修正時間を長く取ってやるにはこの方法しか思いつかなかった。
記事データの修正は、大きくはGoogleフォトのサブアカウントでの画像を再度アップロードしたものに差し替える。
「Photo Express for Google」というプラグインが安全なら必要ない作業だが、Googleメインアカウントに影響が行くのは怖いので、サブアカウントでGoogleフォトにアップロードした画像が安全なので仕方ない。
その他、Youtubeやニコニコなどの動画スクリプトをWordpress書式のものに差し替え、Amazletリンクを全削除しAmazon商品リンクプラグインを導入してそちらのリンクに差し替えなどの細かい作業が300以上の記事に対して行う必要がある。

というわけで、黙々と作業していきます。

ムームードメインで新たにドメイン取得

はてなブログを新規作成(Proのため複数ブログが立ち上げ可能)

whoisでドメインが引けることを確認


ムームードメインでドメイン登録状態を確認



ムームードメインでcnameレコードをvrswp.jpに割り当て

はてなブログで独自ドメイン設定

独自ドメインでブログ表示

はてなブログにテスト投稿しておく

その他、はてなブログ側で最低限の設定(検索回避、公開範囲指定、基本的に全て非表示にする)をしておく。

スマホ表示も「www.vrswp.jp」で表示可能なことを確認しておく。

次はWordpress側に独自ドメイン「www.vrswp.jp」を設定してはてなブログから記事データを移行したときの挙動を確かめます。

ここで確かめたいことは少なくとも2つあり、

  1. レンタルサーバーに「www.vrswp.jp」を登録後、どの程度の時間でダッシュボード(管理画面)に入れるようになるのか。(ドメイン浸透時間を見積もる。)
  2. レンタルサーバーに「www.vrswp.jp」を登録後、はてなブログ側の同じドメインには影響なく表示出来るのかどうか。
  3. ムームーDNSのネームサーバーからレンタルサーバーのネームサーバーに切り替えたときの挙動の確認。その際、CNAMEレコードは削除しなくても問題ないことを確認。

その後、Wordpress側のサイト構築の基盤を「www.vrswp.jp」で作りながら「www.varis.jp」でエクスポートした記事をインポートして本格的に記事データの修正に入ります。

SPONSORED LINK