PlayStation®4システムソフトウェア アップデート4.50で外付けHDDが利用可能に(2017/3/9)

SPONSORED LINK

2017年3月9日にPS4のシステムアップデート4.50が適用されました。
システムアップデート詳細はこちらへ。
http://www.jp.playstation.com/ps4/update/

4.50アップデート内容

アップデートの主な内容としては以下です。

外付けストレージ(HDD)が利用可能

USBで接続したHDDにアプリケーションインストールしたり、本体ストレージから外付けストレージ側へアプリケーションを移動可能。
<外付けストレージの利用条件>

  • USB3.0
  • ストレージ容量:250GB以上~8TB以下
  • PS4フォーマットすること
    <外付けディスクフォーマット方法>
    外付けディスクをUSBでPS4に接続する>PS4メニューから設定>[周辺機器]>[USBストレージ機器]からフォーマット

スクリーンショットをホームや機能の背景に設定可能

<スクリーンショット設定方法>
PS4メニューから設定>[テーマ]>[テーマを選ぶ]>[カスタム]

アクティビティーにスクリーンショットを直接投稿可能

[What’s New]などで表示されるアクティビティーに、スクリーンショットを直接投稿
<スクリーンショットのアクティビティー投稿方法>
SHAREボタンを押す>[スクリーンショット]>アップロード先として[アクティビティー]を選ぶ

アクティビティーにアニメーションGIFを投稿可能

PlayStation®VRでBlu-ray 3D™コンテンツ利用可能

スクリーンショットのシェアがPlayStation™Networkでシェア選択可能

不安定な外付けHDDよりはディスク交換が確実

大半の人に関係がありそうなのが外付けHDDが利用可能になったことでしょうね。
これまでPS4はディスク容量が500GBと少なかったことから、自分で1TBや2TB等の大容量ディスクを買ってハードディスクを交換しないととてもゲーム機としては使えない状態だったので。
自分も2TBディスクに交換して快適に使用していますが、既にディスク交換済みの人には外付けHDDの利用可能はそれほどインパクトはないかもしれません。

PS4で利用出来る外付けHDDはUSB3.0で利用可能と謳われていますが、ネットでは接続が出来なかった等のコメントも散見され、USBストレージ側によっては接続が出来なかったり不安定になる人もいるようです。
それよりもPS4側のHDDを1TB、2TBのディスクに交換するほうが確実と思います。
交換自体は誰でも可能なほど簡単な手順ですし、自分は交換して不具合は出ていませんので、容量不足を感じている人にはディスク交換をお勧めします。

ディスク交換の方法は以下のリンクに解説しています。
https://www.varis.jp/entry/2016/04/07/175000

本来はソニー側がカスタマーサービスでディスク交換やクラウドドライブを用意すべき話

また、本来はソニー側がこうしたディスク交換を含めたカスタマーサービスを行うべきだと思います。販売されているPS4もTB級のディスクを搭載するべきだと思います。
というのもゲームの容量が年々大きくなっており、DLCやアップデートも含めると1ゲームに50GB以上というのはもはや当たり前になりつつあります。
更に、PS4ではスクリーンショットや動画の撮影が可能なため、画像や動画をPS4内部に保存すると容量が更に増えることになります。
そうなるとPS4で遊べるのは10ゲーム以下ということになりますが、これ以上のゲームをインストールするとなると消すしかありません。
外付けストレージはその一つの解決策ではありますが、外付けHDDをソニー推奨で販売するわけではない以上、接続に失敗する可能性があり、確実性を保障されるものではないためです。

一番いいのはソニーがアプリケーション(ゲーム)用のクラウドドライブを用意してPS4側に入れるアプリケーションをクラウドから自由に選べるようにすることです。
こうすれば消しても直ぐにクラウドからまた入れなおすという状態が可能になり、使うアプリケーションをON、プレイしないアプリケーションをOFFという選択出来るようになり、ユーザーにとって遊びやすい環境になります。
クラウドドライブをソニーが用意すればユーザーがハードディスク交換したり外付けHDDを使うような面倒な手間は要りません。

スクショのクラウド保存やデュアルショックの不安定な給電を改善してほしかった

今回のアップデートは外付けディスクの利用可能が目玉でそれ以外は特に劇的な機能改善という感じではないですね。

自分が希望しているのはブログ等に使うスクショ画像をクラウドに簡単にアップデート出来る変更です。
PS4で撮影した画像を使う場合、現状は以下のように非常に面倒な工程で行っています。

  1. shareボタンで画像を撮影する
  2. USBドライブをPS4に挿して画像をUSBドライブに吸い上げる
  3. PCにUSBドライブを挿して画像をPCに取り込む
  4. PCからGoogleフォトのクラウドに入れてブログの記事に投稿する

動画はYoutube側にアップロードするだけであれば、PS4からYoutubeに投稿で非常に簡単に出来るのに、なぜ画像を吸い上げるのにこれほど面倒な状態なのかは理解に苦しみます。
上記に書いていますがクラウドドライブに画像や動画を保存出来るようなアップデートを早期に導入してもらいたいと思います。

また、これは自分だけかどうか分かりませんが、PS4からデュアルショック(コントローラー)への給電も不安定で、スタンバイ状態で給電がマックスになっていても、デュアルショックの接続をつなげたままだとしょっちゅう、充電されていませんとして接続が切られてしまう不具合もあります。
デュアルショックの有線接続のコネクタ部分の作りも不満で、接続しても直ぐに取れてしまう脆弱な作りです。この部分も非常に問題に感じています。
せめて給電の不安定だけでも今後のアップデートで何とか改善してもらえればと思います。

The following two tabs change content below.
SPONSORED LINK

この記事をシェアする