2017年4月から5月にかけてのゲームニュース雑感(3DSエルミナージュⅡ・ベセスダPREY・イースVIII・ドラゴンクエストXI・New2DSLL他)

SPONSORED LINK

ここ最近『NieR:Automata』をずっとプレイしていますが、周回も含めて終わりが近付いてきたので、今気になっているゲームなどについて雑感を記します。


SPONSORED LINK

エルミナージュⅡ 双生の女神と運命の大地

  • 対応ハード:3DS(ダウンロード配信のみ)
  • 発売日:2017年3月22日配信開始
  • 価格:¥ 2,500

最近はずっとアクションRPGばかりしていたので、久々にWizardry系のダンジョンRPGがやりたくて最新のゲームを探したところ、3月にエルミナージュⅡが3DSで配信になっていました。
これはPSPなどの機種で以前発売されたリメイク版のようです。
PSPでも非常に評価が高かったようです。『エルミナージュ』シリーズは未経験ですが、これは気になりました。
今一番買おうと思っているソフトです。

エルミナージュⅡ ~双生の女神と運命の大地~(任天堂サイト)
3DS版「エルミナージュII ~双生の女神と運命の大地~」がダウンロード向けタイトルとして,2017年3月22日に発売決定(4Gamer)

PREY

PREY 【CEROレーティング「Z」】
ベセスダ・ソフトワークス (2017-05-18)
売り上げランキング: 440
  • 対応ハード:PS4
  • 発売日:2017年5月18日
  • 価格:¥ 7,039

PREYはFallout4等が有名なベセスダのゲームです。
FPS視点のSFシューターがテーマでPS4だと『ALIEN ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』等が近いのかなと。(『ALIEN ISOLATION』はシューターというよりアドベンチャーでしたが。)
他には近未来SFシューターだと『Destiny』等も。
PREYは非常に画面がきれいで実写のようです。

Prey 8 Minutes of Gameplay

イースVIII -Lacrimosa of DANA-

  • 対応ハード:PS4、PSVita
  • 発売日:2017年5月25日
  • 価格:¥ 5,998

イースVIII -Lacrimosa of DANA-は詳細は分かりませんが、頭身が大きくパーティープレイなどもあり、従来のイースとは違っているようです。

プロモ動画(銀河万丈さんのボトムズ予告調解説しか頭に残りませんでした)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

  • 対応ハード:PS4、3DS
  • 発売日:2017年7月29日
  • 価格:¥ 5,489

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は先日スクエニから公開発表があったので、配信や動画を見た人も多いと思います。
対応ハードはPS4のほか3DSでも発売されます。
Switchでなく3DSで発売になることが驚きでした。
任天堂はまだ3DSを見捨てずにリリースに含めるということでしょうか。
ただ、遅かれSwitchにもリリースすると思います。
自分が買うとしたら3DS版を買うと思います。

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の発売日発表会詳報。PS4版と3DS版の実機デモプレイで新要素の数々がお披露目に(4Gamer)

PS4版 ドラゴンクエストXI 動画

3DS版 ドラゴンクエストXI 動画

任天堂が「Newニンテンドー2DSLL」を7月に発売

Switch関連が何かとかまびすしい任天堂ですが、ここにきて何故か2DSLLという新ハードを発表しました。価格は14,980円(税別)です。
大画面の2DS「Newニンテンドー2DS LL」 7月13日発売!

Newニンテンドー2DS LL 紹介映像

売りとしては大画面、折りたたみ可能、軽いということだそうです。
昨年自分はNew3DSを購入したばかりなので購入しません。

New3DSのインターフェースの悪さに驚く

New2DSがどの層向けのハードなのか、正直分かりません。
3DSのメインターゲットの小学生については、既に家庭で子供の数だけ購入している家族が大半でしょうし、この機に新たに需要を掘り起こす起爆剤のようなハードでもありません。
また2DSを販売することでソフトのラインナップの拡充を狙うといった戦略でもありません。
7月13日にローンチソフトとして発売されるのは以下のソフトが発表されていますが華々しいSwitchと比べると幾分さびしいものになっています。

New2DSLLローンチソフト(7月13日ハード同日発売)

  • Ever Oasis ~精霊とタネビトの蜃気楼~
  • スナックワールド トレジャラーズ
  • Hey! ピクミン
  • 100%パスカル先生 完璧ペイントボンバーズ

今後のゲームプレイ予定

『NieR:Automata』のVERY HARDの挑戦は止めました。TPSだけでなく色々なパターンがあり、一発被弾でゲームオーバーというのはこのゲームでは相当難しそうなので。
『ゴーストリコン ワイルドランズ』は購入済みですがほとんど進められていないので、4月中に何とかクリアしたいです。
Switchはソフトが少ないのでまだ本体の購入予定はないです。

E3カンファレンス等でアナウンスされたソフトで、他にリリースが楽しみなものは『Mass Effect: Andromeda』『Days Gone(デイズゴーン)』『The Last of Us Part II(ラストオブアス2)』等です。
『Mass Effect: Andromeda』は日本語版の提供予定がないとアナウンスされているようなので、プレイするならPCの英語版を買うしかないかもしれません。
『Mass Effect: Andromeda』日本版発売予定は無し―EA Japan明かす

※リージョンが異なる等の理由で北米版のソフトを日本版のPS4で遊ぶといったことは出来ないようです。

  • 4月中:『NieR:Automata』周回ENDクリアまで
  • ダークソウル3 DLC#2『THE RINGED CITY』クリア済み
  • 4月末~5月中:『ゴーストリコン ワイルドランズ』ストーリークリアまで
  • 4月中:『エルミナージュⅡ 双生の女神と運命の大地』(3DS)購入、プレイ開始
  • 5月中:『PREY』購入、プレイ開始
  • 7月中:『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(3DS)購入、プレイ開始
  • 10月~12月:『バイオハザード7 レジデントイービル』購入、プレイ開始
  • 10月~12月:『ホライゾン・ゼロ・ドーン』購入、プレイ開始
  • 真・女神転生(Switchタイトル)発売後:Switch本体と真・女神転生購入、プレイ開始
  • その他平行してグランド・セフト・オートV、アサシンクリード ユニティ、アサシンクリード ブラックフラッグをプレイ

Wizardryなどの本格派ダンジョンRPGがPS4のラインナップに増えてくれることを期待

自分の今のメインゲーム機はPS4ですが、以前はPCでした。
PCはMMORPGやPS4版がない頃のディアブロⅢ(RoS)をプレイするためずっとメインゲーム機でしたが、MMORPGをインストールする時に入るセキュリティソフトでPCがダメージを受けてクラッシュする事が多く、またPCのハード部分によってゲームが出来る出来ないといった部分を解決するのが面倒でPS4が出てからはPS4にゲーム機を移行しました。PS4のようなコンシューマ機の最大の利点はハードの性能が保障されていることなので、ソフトさえ買えば確実にゲーム出来ます。ハード所有者全員の性能が一致している点もCoopやPVP要素のあるゲームでは望ましいです。

PS4はソフトのラインナップも増えて充実してきていますが、本家Wizardryを初めとするダンジョンRPGが少ない印象です。
どちらかというとそういうゲームは3DSなどの携帯機の方が頑張っている印象があります。
なぜダンジョン系RPGがPS4で出ないのかについては、ソフトハウスが市場調査をしてPS4の性能を活かすゲーム作りと、ニーズのあるゲームということでアクションRPGやTPSオープンワールド系RPGが多い印象です。
自分のようにWizardryを初めとする本格派ダンジョン系RPGを求めているユーザーもいるということを、ソフトハウスには知ってもらいたいです。
もっといろんなソフトハウスにダンジョン系RPGに参入してもらい、市場競争が活発化されないとこの分野が停滞を続けると思います。

SPONSORED LINK

この記事をシェアする