今更だけどDARK SOULS IIが面白い!DARK SOULS IIIからシリーズに入った人にもSCHOLAR OF THE FIRST SINがお勧め

BloodborneにハマリDARK SOULSシリーズに出遭う

自分はこれまでPCのMMORPG*1や、PC版『DIABLOⅢ Reaper of Souls』のハードコアモードを中心にプレイしていたため、プレイステーションシリーズ等で出ていた一連のソウルシリーズ『Demon’s Souls(デモンズソウル)』『DARK SOULS(ダークソウル)』『DARK SOULS II』を全くプレイしていなかった。

2014年末にPS4ハードを購入し2014年~2015年にかけて初めてプレイしたソウルシリーズがスピンオフの『Bloodborne』(ブラッドボーン)という来歴になる。
元々ゴシックホラーが好きな事もあり、ブラボには大ハマリして400時間以上プレイした。
DLC『Bloodborne The Old Hunters』も当然プレイ済みである。


SPONSORED LINK

ブラボにハマッた自分は当時一体ボスを倒したらコツコツとブログにエントリーを上げていた。
それが高じてブラボの初心者向けエントリーとしてまとめたのがこのエントリーになった。
しかし、初心者用と謳いつつ、実際に一番役に立っているのは自分自身である。
というのも、ゲームを沢山プレイしていると操作や仕様を忘れてしまうのだが、エントリーに操作や仕様をまとめて書いておけば、直ぐに思い出せるからだ。
また、自分が撮った動画も攻略動画としてエントリーからリンクをYoutubeに貼っておけば、自分が見直す分にも直ぐに見る事が出来る。
このように、まず一番自分の役に立つのがブログエントリーのいい点である。

【PS4】Bloodborne 新規にブラッドボーンを始める人への25のヒント

DARK SOULS IIIで書いた攻略系エントリー

続いて、DARK SOULS IIIが発売され、こちらも500時間以上プレイした。
しかしDARK SOULS IIIはブラッドボーンに比べて自分にはかなり立ち回り等が難しく、呪術キャラで160レベル近く上げてようやくダークソウル本シリーズとしては初クリアした。
(プレイしている人には分かると思うが、160近くというのは言うまでもなく過剰にレベルを上げており、クリアするだけならSL90から120程度でも十分に可能である。) 続いて戦士キャラを何度もやり直してようやくダークソウルの基本である戦士の立ち回りが理解出来始めたのだった。(最終的に今使っているのは6キャラ目のSL115戦士キャラで棘直剣と黒騎士の剣を併用)
そこで、自分向けの整理目的という事も含めて書いたのが以下のエントリーである。

【PS4】DARK SOULS Ⅲの基本的な立ち回り方法(初心者向け)

【PS4】DARK SOULS Ⅲ周回用チェックシート(エンディング分岐・NPCイベント・原盤・闇霊)

「黒騎士の剣」ゴリ押し攻略動画シリーズ

自分は「黒騎士の剣」の戦技である「我慢」からのカウンターが好きだが、この戦技もDARK SOULS IIIからの仕様だ。
自分はIIIから入ったので戦技が当たり前の仕様と思っていたが、実はこれまでのシリーズではないということをDARK SOULS IIをプレイして知った。
「黒騎士の剣」の「我慢」は初心者向けだと揶揄されることもあるが、自分はこれを使った攻略が非常に爽快でよく使っている。
以下の攻略動画でも最後は我慢のゴリ押しで倒している。テクニカルに倒すのもいいが、ゴリ押しでも何とかなる。
それもDARK SOULSシリーズが面白いところだ。
いっそのこと開き直って黒騎士の剣ゴリ押しシリーズの動画にしてもいいかもしれない。

【PS4】DARK SOULS Ⅲ DLC1 ASHES OF ARIANDEL 黒い炎のフリーデ攻略(動画あり)

【PS4】DARK SOULS Ⅲ DLC2 THE RINGED CITY ボスステージ(奴隷騎士ゲール)攻略(動画あり)

【PS4】DARK SOULS Ⅲ DLC2 THE RINGED CITY ボスステージ(闇喰らいのミディール)攻略(動画あり)

DARK SOULS IIプレイ開始まで

前置きが長くなったが、最近ニコニコ動画の生放送等でDARK SOULS IIをプレイしている配信者が増えてきているように思う。
自分もDARK SOULS IIのプレイ放送を見る機会が多くなっていた。

DARK SOULS IIは自分が知る限りネット上の評判等は余り良くない。
悪いというより、「Demon’sがいい」という人、或いは「DARK SOULS初代がいい」という人が多い印象がある。
残念ながら「DARK SOULS IIが最もいい」という人の意見は余り耳にした事がない。

そういう評判はあるにせよ、DARK SOULS IIも見た感じ、自分には面白そうに思えた。
DARK SOULS IIIはDLC第2弾の『THE RINGED CITY』でシリーズを終えてしまったが、もうプレイ出来ないのが寂しくもあった。
そこで、これまでプレイしていなかったが、DARK SOULS IIをプレイしてみようと思った。

DARK SOULS IIの購入とインプレ

PS4のダウンロード購入で『DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN』を購入。
ダウンロード版だと価格は5,616円。
(ダウンロード版は何故かAmazon等のパッケージより高い価格になっている。)

DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN - PS4
フロム・ソフトウェア (2015-04-09)
売り上げランキング: 710

購入画面(メール)

操作系はIIIをプレイ経験のある自分にはある程度同じように見えたが、DARK SOULS IIで特に厳しく感じたのが、「死ぬと亡者になる」「亡者の状態で死に続けるとHPの上限が減っていく」という仕様だ。
人間に戻るにはアイテムが必要なため、実質多くの時間をHPの6~7割で攻略することを余儀なくされる。
DARK SOULS IIIでは亡者になってもそういうことはなかった。
しかしDARK SOULSでの亡者の扱いはこれが普通なのだと改めて思った。

動作や攻撃モーションもDARK SOULS IIIに比べDARK SOULS IIの方がぎこちなく、操作が難しく感じた。
特にローリングはDARK SOULS IIIに比べ大きく弱体化(というよりIIIで大幅に強化されていると言うほうが適切だが)しており、距離や無敵時間も減っていて、回避手段としても神経を使うものになっている。
モーションのぎこちなさと回避手段としてシビアなローリング、亡者時の大幅な弱体化がリアルな緊張感を高めている。
エスト瓶も序盤の配布は少ない。
港では完全に殺しにかかっている敵の配置、圧倒的な数の暴力。
何度逃げ回りながら桟橋から海に落ちて「YOU DIED」を見たことか。
これぞダークソウルだ。

光や風、波の表現の美しさ、ローディング中の説明画面の美しさ、敵の暴力的な強さ、DARK SOULS IIは何もかもが素晴らしい。
好きなDARK SOULSシリーズはと聞かれたら今ならDARK SOULS IIが最高、と答えるだろう。
DARK SOULS IIIからシリーズに入ったという人で、DARK SOULS IIを未プレイの人は、是非『DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN』をプレイしてみてもらいたい。

DARK SOULS IIの美しい風景の数々

DARK SOULS IIの美しい風景の一部を撮影したので掲載する。ゲーム中では、光、風、波の表現などが加わり、更に美しいです。

最初に降り立つ地・マデューラ

マデューラを取り囲む荒海

荒涼としたマデューラと周囲の岩山

夕闇が迫る美しいマデューラの風景

ローディング中のアイテム説明も美しい画面

青ニートも健在

建物の扉に立ち塞がる騎士

NPCとの会話も楽しい

道を塞ぐモンスターと遭遇

篝火着火 BONFIRE LIT!

篝火で一休み

敵の集団に出くわす

暗闇の先に待つのは

DARK SOULS II初心者から見たIIIとIIの比較

DARK SOULS IIの仕様は細かい点でDARK SOULS IIIと異なるので、オンラインマニュアルを見ながらプレイしている。
DARK SOULS II Software Manual

自分から見て、DARK SOULS IIの仕様はIIIと比較すると以下のように異なっている。

  DARK SOULS III DARK SOULS II
舞台 薪の王の末裔が辿りつく場所ロスリック 失われた国ドラングレイグ
主人公 不死 不死
ゲーム起動時 スムーズにゲーム画面に移行 何度かサーバーと通信している画面が間に入る
装備強化 武器強化のみ可能(防具強化は廃止) 武器強化と防具強化が可能
敵の数
  • 初期配置は通常
  • Mobを一定回数倒しても出現し続ける(ボスや一部の固定敵等を除く)
  • 場所によるが、多数配置が基本
  • Mobを一定回数倒すとその場所からいなくなる(繰り返し倒すことによるソウル獲得の防止?)
動作モーション 滑らか ややぎこちない
武器ガード 可能 可能
パリィ難易度 普通 難しい
ローリング 距離・無敵時間が長く回避手段として強い 距離・無敵時間が短くシビア
亡者化
  • 死亡しても即、亡者にはならない(暗い穴が増える)
  • 暗い穴の状態により亡者になることはあるがHPはそのまま
  • 人間に戻るには火防女に依頼する、女神の像に祈るなどが必要
  • 死亡すると即、亡者化
  • 死亡回数が増えるとHP上限が減る
  • 生者に戻るには「人の像」を使用する
両手持ち 右手武器のみ両手持ちが可能 右手武器、左手武器とも両手持ちが可能
戦技 あり なし
溜め攻撃 あり なし
2刀流 武器の種類により擬似的に2刀流を再現 システムにより2刀流が可能
バックスタブ あり あり(DARK SOULS IIIとはバクスタモーションが異なる)
クロスボウ 撃った後、手動で矢を番える必要がある 撃った後、自動的に次の矢が装填される
強靭の仕様 Ⅱほど重要ではないが、被弾時のローリング距離減少に関係あり? 戦闘において重要性が高い
奇跡・魔法・呪術 FP消費制 回数制
残り火
  • HP増大
  • 侵入が可能になる
  • 召喚が可能になる
なし
人間性 なし
  • 「人の像」を使うと生者に戻る
  • 「人の像」を篝火にくべると協力・侵入が一時的に不可になる
ジェスチャー タッチパッド options
タッチパッドのアイテムショートカット あり なし
たいまつの仕様 単純に武器扱いで手に持つと明るくなる 一旦火にたいまつをかざして火を付ける必要がある(篝火の前などで△で切り替えメニューからたいまつに火を付ける)
雫石による回復 雫石での回復はない(回復手段は主にエスト瓶のみで行う) エスト瓶のほか、雫石でも回復が可能

(※自分の印象ですので間違っている可能性があります。)

*1:
2006年~2014年までは『LostOnline』『エターナルシティ2』『ウィザードリィオンライン』『The Tower of AION』『TERA』『C9』『ヘルゲート』『ArcheAge』等の各種MMORPGを中心にプレイしていた。
そのためプレイステーションシリーズのメジャーなゲームはほとんどと言っていいほど未プレイである。

SPONSORED LINK