ニュースのインプット、WEBクリップ、アウトプットの方法の変遷

SPONSORED LINK

Yahoo!ニュースに大量の記事の選別からメルマガへのアウトプットの方法の記事が載っていたので、シェアします。また、自分のやり方についても軽く掲載します。

毎日1000記事をたった30分でチェックする情報収集術。その時短テクニックを運営堂...
短時間で必要な情報を見つける情報収集スキルは誰もが身に付けたいだろう。毎日1000記事からWebマーケター向けの情報を30記事厳選し、メルマガとして送ってくれる森野さ...

SPONSORED LINK

記事元の方(運営堂森野さん)のやり方について詳しくは言及しませんが、チェックしているニュースソースの量に対して、作業を通勤時間中に済ませるという速さや要領の良さは凄いと思いました。
自分がやるとしたら家でPCを使いながらでも数時間はかかると思います。
また、普通の人には、まずここまでの数のニュースソースをチェックする必要も余りないでしょう。

他には、WEB・検索・書籍についての考え方は自分も同じように捉えています。
WEBは基本リアルタイムの情報、検索は情報の取っ掛かりをざっくり、書籍はパッケージとして情報(コンテンツ)を購入という位置づけ。
知見のない分野の情報を調べるときの考え方も、知識の体系を書籍数冊で得てからWEB上で知識を補完していくというやり方で、同じような考え方です。

ニュースのインプット、WEBクリップ、アウトプットの方法の変遷

ここからは自分のやり方についての話ですが、自分もニュースのインプットとアウトプットについてはPCを使うようになってからとデジタルにニュースメディアが移行してから色々方法を試してきました。

アナログ時代(PCを使っていなかった頃(学生時代まで))

  • インプットは新聞、TV、ラジオ、雑誌など。
  • クリップは新聞の切抜きのファイリングなどをしていた。
  • アウトプットは紙のノートへ書いていた。

デジタル時代初期(PCを使用。スマホを使っていない)

  • 新聞、ラジオは一切見聞きしなくなった。
  • 雑誌はNumberの季刊号などを除いて全く見なくなった。
  • テレビはほとんど見なくなったが、辛うじて一部の深夜番組を見ていた。
  • 主なインプットはニュースメディア。スマホがない頃のため、出先でニュースメディアをチェックすることはなかった。ニュースチェックは自宅やホテルなどPCとネット接続がある環境に限られた。
    SNSのページに上がってくるニュースをチェックしてSNS内で自分の日記としてニュースにコメントする形式でアウトプットも兼ねていた。但しSNSでは検索が出来なかったため、使い辛くなっていった。
  • クリップはWEBブックマークサービスを使っていた。
  • アウトプットは主に無料ブログに記事を作成していた。

現在(PCとスマホを併用)

  • 新聞、雑誌、テレビ、ラジオは一切見聞きしなくなった。
  • ラジオは一時期サイマルラジオ(radiko.jp)を移動中などに聴いていたが面倒になり聴かなくなった。
  • 自宅と出先でPCとスマホを活用。
  • 書籍は書店で買うことはなくなり、電子書籍(Kindle)のみ購入。
  • ゲームは店で買うことがなくなり、全てダウンロード版を購入。

自宅

  • PCを使ってインプット・アウトプットを実施。
  • インプットはニュースメディア。
  • クリップはOneNote。
  • アウトプットはブログ(Wordpress)。

出先

  • スマホアプリでニュースメディアをチェックし気になったものはスマホの機能で記事タイトル(URL)をメモ帳に保存。メモ帳に上書きしていけば一つのファイルのようにまとまるので、ある程度溜まったらGmailに送信。
  • 自宅に戻ったら、PCでGmailを開き受信したメモ帳に保存された記事元URLを開き、ページを丸ごとOneNoteのクリップ用のノートへ1記事につき1ページ分保存。
  • 詳しくはこちらに記しています。
    ニュースアプリでチェックしたニュースのサマリを作りたい
    Yahoo! JAPANposted with amazlet at 17.01.16Yahoo Japan Corp. (2016-12-08)Amazon.co.jpで詳細を見る出先で電車を待ったり、食事を食べている間などの隙間時間にスマ...

ソーシャルブックマークサービスは使用せず

WEBのソーシャルブックマーク(SBM)は使わなくなった。SBMでコメントするというのが最初はもの珍しかったが、慣れてくるとコメントもしなくなり、SBMで共有する意味がなく、非公開にすると、益々ソーシャルで使う意味がなくなっていった。
また、SBMに記事URLをアーカイブしていた場合、それはショートカットに過ぎないため、記事元のデータやサイト自体が消えると、内容が残らないので、アーカイブとしては役に立たない。
記事元が消えても最悪、キャッシュを探す方法はあるが、それなら最初から全て保存しておくほうが確実だと考え、OneNoteに記事自体を保存するやり方に変えた。
OneNoteであれば自分だけのスタティックな状態で保存出来るため、サービス元がサービスを止めたり、他社に移管したり、といった時にデータが消える心配もない。

RSSリーダーも使用せず

RSSリーダーは使っていない。RSSリーダーは確かに記事が更新されたことは分かるので便利だが、未読の記事がどんどん溜まっていくので、消化が追いつかなくなり、そのうち記事を全く見なくなりオール既読にするか、未読のまま放置するかどちらかになる。
自分には向いていなかった。

メルマガは見ていない

一度だけ、スキル系の有料メルマガを取って学習していたことがあった。
そのメルマガは有用で、学習に役立ったので、読んで良かったと思ったが、それ以来メルマガを登録して読んだことはない。
メルマガはプッシュ系のサービスなので、余程自分と波長が合って面白いと思う発行者やサイトのものでなければ、未読メールが溜まっていくので、そういう面でも自分に向いていないのかもしれない。
会社で未読メールが溜まり画面が真っ赤になって嫌になったという人はいるだろう。あれと同じだと思って頂ければ分かるだろうか。
ブログやサイトの場合は、プル系のサービスなので、自分が見たくないと思えば見なければいいし、この記事は重要だと思えばWEBクリップするといったように、内容によって扱いや加工が出来るのが向いているのだろう。
また、メルマガはメール上でテキストを読ませるというスタイルだけなので、サイトの記事のように見せ方を工夫したり、動画を付けたりといった見せ方は出来ない。
あくまで、テキストメインでリンクURLや動画のURLは文章で掲載する程度になる。そのため、読者を飽きずに読ませさせるテクニックは、実は相当求められると思う。

Yahoo!ニュースチェックだけで十分

最近はYahoo!ニュースなど大手ニュースサイトのみチェックしている。
結局、どのニュースサイトを見ても、ニュースソースは新聞系、週刊誌系、オピニオン系(ハフポスト、アゴラなど)、テック系(ITmedia、Impress Watchなど)、ゲーム系(ファミ通.com、4Gamerなど)、スポーツ系(新聞系や専門サイトなど)といったように大体ニュースソースの記事がそのニュースサイトの記事として流れてくるだけなので、入り口が違うだけで最終的に見るニュース自体は同じになる。
大手ニュースソースとして流れない個人サイト系の記事は、気になるサイトのみ、OneNoteにチェック用のサイトとして入れておき、気が向いた時に巡回する程度にしている。

ライブ配信系は将棋番組のみチェック

自分はほぼインプットはこれだけで、後は動画系でニコニコ動画とかアベマTVを見る程度。
ライブ配信系でも最近はYoutubeを初めふわっちやツイッチ、OPENREC.tvなど数が増えているが、自分が見るのは専ら、将棋番組のみとなっている。

本稿の終わりに

自分のやり方としては出先、自宅でスマホ使うかどうかが多少異なりますが、Yahoo!ニュースのみチェックしていること、OneNoteを使ってアーカイブクリップしていること、Wordpressでアウトプットしていることが特徴かもしれません。
色々なやり方を試してきた結果、最も自分にとって負担のかからないやり方に落ち着いたのかなと思います。
結局身の丈に合った無理のないやり方でないと続かないので、自分に合ったやり方を見つけられるかどうかが重要だと思います。

The following two tabs change content below.
SPONSORED LINK

この記事をシェアする